川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

朝はどんな風に針を進めてしまうのだろう

投稿日:

無情に進んでいく時間があって、悲哀を片付けていくのも時間なのだということを思うとき、いつもASKAさんの「朝をありがとう」という曲を思い出す。

時間の中で僕たちは生きていて、黙っていても時間はどんどん進んでいきます。どんなに楽しくても、どんなに悲しくても、それはその人だけの話で、無情にも時間は進んでいきます。すべて時間によって運ばれていくから、苦しんでいても時間は過ぎていくし、悲しんでいても景色は作られていく。結局、目に見えるものは、時間と一緒で前しかないんです。そういうことを踏まえて、いろんなことを片付けてくれるのは時間なんだから、毎日やってくる朝に感謝、“朝をありがとう”、という気持ちで作った曲です。(ASKA) -2012年TUG OF C&A会報10月号より-

引用元:朝をありがとう « CHAGE and ASKA Official Web Site

空が白くなるにつれ、鳥たちは歌いだしてセミは夏の演出を忙しそうにする。物流や通勤の車たちが行き交いだして朝の始まりを完成していくと、今日もここに生きているという実感が痛いくらいに溢れる。まさに「朝をありがとう」だ。

生者必滅会者定離、わかってはいてもわかりたくない心がある。今日と同じ朝が明日も来るとは限らないから、一所懸命であれ。そういうことなんだけれど、そういうこととして定規を持ち出せるほど、僕は達観していない。朝はどんな風に針を進めてしまうのだろう。

ともに祈れば、ともを祈れば

Nishibata Yasutakaさん(@bata)が投稿した写真 –

自己満足のカタチかもしれない祈りの構えをして、僕は今日の朝を迎えた。明日の朝はどうだ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

名古屋にて。

特急飛び乗りました。 確かに満席でしたが、ばらばらで座ることが出来ました。汗だく。

読書の秋と珈琲と。

@出口のない海(横山秀夫著)とキリン挽きたて微糖コーヒー。 青春の哀しみと命の重み。 『回天』に搭乗を決意した若者の決意の理由。じっくり読み込んでみたいと思います。

宮本武蔵と明石の関係。

どこまでも青と緑と蝉の声@明石公園。 公園内の武蔵の庭園から明石城を望みます。 宮本武蔵の出生については諸説ありますが、兵庫県の高砂市であるというのが 一番有力だと言われています。 明石城下の町割り( …

明石城西8年ぶり勝利。

よく頑張りました、我が母校。

no image

震災の神戸の街にあった、勇気 ― 仰木彬監督。

オリックスの仰木彬元監督が亡くなった。 プロ野球ファンとして、関西をこよなく愛する人間として、そして何よりもあの阪神大震災から立ち直るための勇気を貰った人間の一人として、これほど悲しい別れはない。 僕 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)