業務日記

「そういう商品」が「僕たちの商品」になる、実地で触れた生産者の方々の想い

うちのメンバーと紙漉き体験に。

wpid-20150913111705.jpg

紙をつくるプロセスをビデオで学び、働いている方にインタビューして苦労を知る。その想いを伝えていくことも含めて自分たちの役割なのだということに気が付けば、安易な安売りをしてはならないということも理解できるだろうという思惑で企画した社外研修イベント。今後は、価値を知った和紙の良さを伝えていくことによる、彼らの本気を期待したい。実地で体験したことで、「そういう商品」が「僕たちの商品」となる

wpid-20150913111649.jpg

会社の経営理念は「伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する」。僕が何度も伝えるこの言葉の意味を、さて、彼らはどんな風にしてカタチにしてくれるだろう。