雑記

犬が家にいて、一緒に過ごすことのできた幸せだった日々は今も僕の温度になって生きている

「機長には機内の全生命を守る責任がある」

とてもいいニュース、乗客の方々のコメントをまた素敵なものだ。

(CNN) イスラエルからカナダに向かっていたエア・カナダの旅客機が、貨物室に預けられていた犬を救うために行き先を変更して、ドイツに緊急着陸する出来事があった。
エア・カナダ85便はイスラエルのテルアビブからカナダのトロントに向かう途中、貨物室の暖房装置に問題が発生。貨物室には、乗客のジャーマン・コントロビッチさんが預けた7歳のオスのフレンチブルドッグ犬「シンバ」がいた。
エア・カナダの広報によると、暖房装置の問題を知った機長は犬の安全を気遣い、「この高度では極めて不快度が高く、そのまま飛行を続ければ生命が脅かされる恐れもある」と判断したという。
機長の判断で同機は行き先を変更してドイツ・フランクフルトの空港に着陸。シンバは別の便に乗り換え、85便には約75分の遅れが出た。
広報は、「乗客にはご迷惑をおかけした」としながらも、「犬が危険にさらされる恐れがあり、行き先の変更によって安全が確保されたと知ると、おおむね好意的な反応だった」と話している。
飼い主のコントロビッチさんはトロントの空港で地元メディアの取材に応えて「この犬は自分の子どもみたなもの」と語り、機長に感謝の意を表した。別の乗客も「間違いなく正しい判断だった」とコメントしている。
航空専門家は、ドイツを経由したことで燃料費はかさんだはずだとしながらも、「機長には機内の全生命を守る責任がある」と指摘した。

引用元:CNN.co.jp : エア・カナダ機、犬を救うため緊急着陸 貨物室に不具合

真冬の避難所、阪神淡路大震災。僕がボランティアでお邪魔していた体育館では、犬や猫を家に残したまま避難生活を余儀なくされた方がたくさんいたことを思い出す。「何が起こったのかわからないまま、自分だけが家に取り残されて、きっと寂しがってると思うんです、きっと怒ってると思うんです。それが本当に申し訳なくて」

動物たちを苦手に感じる人もいるので、僕たち動物愛好家は、僕たちの気持ちだけを当然のものとして押し付けることをしてはならない。ただ、家族のカタチが大きく変わりつつある昨今、ほんの少しずつの配慮が誰かの心を救うことになるのだということもまた、想像することを忘れてはならないとも思う。生き方、家族、その考え方や範囲は人それぞれの価値観だ。

鬼怒川決壊で取り残された2匹の犬がネットで話題になり、その安否を心配する声が相次いだが、2匹とも生還しました。

引用元:【朗報】鬼怒川決壊の2匹の犬が生還 | ANIMALive

犬が家にいて、一緒に過ごすことのできた幸せだった日々は今も僕の温度になって生きている。野心や夢という言葉で未来を語ることに照れを感じる年齢になってきたけれど、地球上のすべてのワンコの命のために何かをしたいという想いは、ほんのすこしも色褪せることはない。