川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

人間はさぼる生き物 ~目標達成のための効率の良いサボり方

投稿日:2017年9月4日 更新日:

秋の気配がようやく漂い始めたと思ったら、もう、文具屋さんには2018年の手帳が並び始めている。8月はなんとなく一年の折り返しのような気がしてしまうけれど、実際はもう、3分の2が終わってしまったわけで、ここから年末までの加速はあっという間だ。

一年間にジョギングを1000kmすることにしている。今年はもう750kmを走ったので、今のペースなら十分に目標を達成できそうだ。毎日をこつこつ。そして、人間はさぼる生き物でもある。「雨の日はさぼっても良い」「走る日は最低5.2kmを走る」というシンプルなルールにしておくと、3日に1度サボったとしても、一か月で100kmは走れる計算になる。さらに、このペースなら、年間で2か月を丸々さぼったとしても目標が達成できる。3日に1度さぼった上に、2か月休んだとしても達成できてしまうのだ。「1000km」という数字はインパクトがある割に、案外、簡単に達成できてしまう数字でもある。こつこつには、いかに「さぼっても良いか」という要素を入れることが大事。このあたりはゲーム感覚だなぁと思う。

「5km」ではなく「5.2km」にしているのは、0.2を25日積み上げたら5kmになるから。つまり、さらにもう一日サボる自由を得られるということ。工場でものを作るのと一緒。仕掛りには時間がかかるが、一度取り掛かってしまえば、100個のものをつくるのも120個のものをつくるのも大きな違いはない。走り出すまでは億劫でも、走り出してしまえば、200mの違いはまったく気になるものではない。あえて端数をつけるのは、目標達成のペースをつくるときに「利息」の効果を生むので良い。これはジョギングに限ったことではないのでオススメの方法なのである。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

父と息子の近親相姦。

襲っちゃダメよ。

no image

「想」から始まっている、それでいい

「祈りなんて何の役にも立たない」とは、巡るその先を想像することのできない、なんとも寂しい意見だなぁと思う。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年4月19日 行動の源泉 …

ベンチもいいね。

帰り道、抱っこしてくれのアピールを始めました。

明石、魚の棚。

「ほうき」を持って歩く人がいるかと思ったら、それは「たこの干物」でした。

no image

タコに関する「タコ検定」実施へ 兵庫・明石

>兵庫県の明石商工会議所などは今年3月5日、タコなどに関する知識を試験で問う>「明石・タコ検定」を行う。「タコを生きたまま生けすに保管するには?」といっ>た問題を集めた教科書も作成。8割以上正解すると …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)