業務日記

商売は相手の高さに膝をつかなければ 〜ライティングだけではなく撮影のご依頼が増えてきたことについて

大阪、難波、通天閣周辺での撮影取材。

最近は文章だけではなく、撮影も一緒に頼まれる機会が増えた。曰く、格好良い写真や動画を頼める人は多いらしいが、等身大や面白おかしく演出を依頼できる人は少ないそうだ。「本格的」な人に面白い写真を頼んではいけないというお客さんのイメージ。このあたりはチャンス、盲点だと思うなぁ。プロはいつだって、高い高い壁の向こう側にいて、僕たちは何かを頼むことに躊躇してしまいがち。お客さんに上がってこいというのはあまりに横柄だ。商売は相手の高さに膝をつかなければ。

It is common to drink a cold of milk.

Nishibata Yasutakaさん(@bata)が投稿した写真 –

Instagramで写真を公開するようになってから、撮影の依頼が激増している。ミュージシャンのプロモーションビデオを作るわけでもなく、僕は「いかにも関西で商売をしている」風を写真や文章で伝えるお手伝いが出来れば良いと考えている。僕の想像、僕の感性、関西で商売をしているからこそのあれこれを色々。

取材と打ち上げで連れていっていただいたお店。幸せと満腹の余韻に浸りながら、早速ライティングの構成を進めていく。ここからは読み手の気持ちを想像する時間だ。