川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

器は小さくて、雨に救われて、長い長い夜

投稿日:2016年5月27日 更新日:

「自分はプライドを大事にしているんだな」と気付いた風に話しているときは、大抵、自分の器の小ささを知ってそれを隠そうとしているときだ。隠そうとして綺麗な言葉を使う、そんな自分は卑屈だと思う。

悔しさはやがてバネになる、わかってる。ただ、そのバネになるまでの時間が辛い。「なる」ではなく「する」もの。それもわかってる。切り替えるまでの時間を短縮できるような心構え、僕はそれを身に付けていかなければならない。

雨の夜、ちっぽけな自分のことに苦しむ夜。月に照らされたら酷い顔をしていたのだろう。雨に救われて、長い長い夜。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

コンサート終わり。

良かったです、とても。 響くと、思い出しちゃいますね。 温かくなったり、寂しくもなったり。

法事も無事終わって。

出石へと向かっています。 途中のSAで『プリン大福』との出会い。美味過ぎ。 とりあえず、お決まりのひとことを。 「食わねば。」

熱帯魚たちの真冬の引っ越し

今回の引っ越しの最大のポイント。堪えてくれー

男前豆腐。

最近はまりまくり。 これ食べたら他の豆腐は食べられません。

バケツ会議に僕たちはどんな夢を見るのか

立派な机と椅子に座って、予定調和の議事を追いかけていく会議は面白くない。バケツに新聞を敷いて、方向性や足らずを話し合ってみる。不完全な形式を「どうして不完全なのだろう?」と考えながら本質を探り合うこと …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)