川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する。【伝】を具体化する本気の一年にする。

投稿日:

「頑張る」という言葉が好きでないのは、何をいつまでにやるのかが不明確だからだ。「刺激」「学び」「気付き」という言葉とも似ている。刺激を受けたから、どうなのか。学んだから、何をやるのか。気付いたから、何をどう変えるのか。

「本気でやる」という言葉を使ったということは、今までが本気でなかったということだ。ならば、今までの何かを捨てなければ、これまで以上の成果を出せるわけがない。今までと同じように遊んでいて、今までと同じように休んでいて、「本気でやる」と言われたところで、周囲の人も困惑するだろう。本気は周囲に伝染しなければいけない。周囲の人を巻き込んでいかなければならない。僕はそんな風に思っている。本気でやるといった以上、僕は何を捨てたのか。何から卒業するのか。あれもこれも、では通らない。「これ」と決めることが本気だ。

とりあえず今年も生き残ることができた。来年のいま、どうなっているかは分からない。甘い会社ですね、と皆から言われて笑われる現状から卒業できなければ、「一年前はあんなことを書いていたのにね」ということにもなってしまう。

今年はうちのメンバーにも「伝」の使命感を本気で体感させたいと思っている。そして、その使命に取り組んだ先にある感動を皆で共有できるチームにしていきたい。もちろん、そうやって得られる糧を還元していく仕組みも積極的に採用して、悪循環から好循環へ転機の一年にしていく。

伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する。これが僕たちの経営理念。【伝】という言葉に集約されるすべてのインプットとアウトプットに全力で取り組む。本気で動く。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

縁や相性というものは踏み込むべきではない領域を共感しあえるかどうかで決まる

僕たち中小零細企業の実務では、契約書によって取り決めが行われることは滅多に無く、信義則によって約束の交わされることがほとんどだ。 言葉にしてしまうと、途端に、言葉の限定的な世界に閉じ込められてしまうも …

no image

商売に勝ち負けを持ち込んではならない、商売とは生かされているということ

商売っていうのは、生かされているということを知ることだ。与えて、与えて、与えて、そして見返りを求めない。気が付けばいつの間にか利益がついてくるような姿勢を貫くこと、徹底すること。商売とビジネスは違う。 …

no image

成功しやすい女性起業家の人物像

起業そのものは簡単なことで、誰にだって出来る。 難しいのは信用を得て収入を得ていく、雇用する、法人格を取って更に信用を高めて会社を存続安定させていくこと。起業を語る人は多くても、企業を語る人になると減 …

「そういう商品」が「僕たちの商品」になる、実地で触れた生産者の方々の想い

うちのメンバーと紙漉き体験に。 紙をつくるプロセスをビデオで学び、働いている方にインタビューして苦労を知る。その想いを伝えていくことも含めて自分たちの役割なのだということに気が付けば、安易な安売りをし …

no image

プライドは大切にして、なれど、他を蔑むことなく

どちらか一方の主張だけを聞いて事実を判断するのは良くないことだとわかっていて、あえてこの記事を引用するのは「自分も同じような経験を何度もしたことがあるのでよくわかります、わかりますとも」という共感を届 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)