川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

コピーライティングのヒントと川柳講座と 於:株式会社ジャム・デザインさん

投稿日:

三宮にある株式会社ジャム・デザインさんで言葉に関するあれこれと川柳講座を。聞いているだけでも面白くないだろうし、アウトプットの場として川柳を書いてもらうのは良かったんじゃないかな、と。皆さんそれぞれ、個性的な句を書かれていて、素直に「うまいなぁ」と思った。お伝えするこちらも必死。いい勉強になった、2時間もお付き合いいただいて感謝。

先日の発表とあわせて、2つ、重圧のかかっていたイベントを終えることができた。圧が取れた瞬間に熱を出す自分の体質は、「そういうもん」として、ちゃんとスケジューリングしてあるので大丈夫。次は10月28日の同友会青年部での発表と11月26日のライブ(バンド)演奏と続く。青年部のチラシは、シャレのつもりでこの写真を送ったら本当に採用してもらった。なんなんだこのピアノ弾きますよ、的な感じ。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

上から目線になってしまえば誰も寄り付かなくなる ~会うことのできない人ばかりが増えて

知識を売る仕事だから舐められてはいけないと、必要以上に「上から」目線になってしまえば誰も寄り付かなくなってしまう。 肩書きや環境は人を育むけれど、勘違いさせてしまうこともある。「思い上がるな」という言 …

no image

負のスパイラルからの脱出

「日本が勝った」とか「日本人がノーベル賞を受賞した」とか、世界に日本の何かが認められると心が揺さぶられて涙が溢れてくる。何かを無性に頑張りたくなってくるのだけれど、「何か」と書いている時点で、熱は一瞬 …

no image

相手を許せなくて苛立ってしまうときは、クマの着ぐるみを着た犬の動画で癒されることにする

「神戸は海と山が近くて素敵ですね」と言われるたび「こんな小さな街なので、人間関係を上手にやっていかないと商売は途端に立ち行かなくなります」と答えている気がする。 信頼と実績を積み上げていくのに必死だし …

no image

一緒にランチしながら過ごしたい、そんな人間に。

商売人の息子なのに、商売人として弱いなぁと思う自分の悪いところに、能力や情報といった、自分から発せられる何かに対して、その対価をつけることに戸惑ってしまうことです。 また、100円で仕入れたものに対し …

no image

「一流でもないくせに相手を一流にしてみせますよ、なんてセミナーをやってしまう三流のための二流になれる営業セミナー」を開催したらどんな反応があるだろうか

「一流の営業マンになれるセミナーですよ、ぜひお越しください」という招待を受け取る僕は、つまり一流ではないわけで。しかしながら、本当の一流営業マンならば、万が一にも相手を(自分は一流ではないんだなぁ)な …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)