雑記

時間の上書きしていく22年

阪神淡路大震災から22年。

僕たちから見た関東大震災が遠い昔のことであったように、大震災といえば、いまの若い人たちには東日本のことがイメージされるようになってきたようだ。こんなことを書いている自分も、震災そのものよりも、震災を節目として、以前以後の時間の感慨にひたっているだけなのかもしれない。

[川柳]1月の神戸は花がよく売れる | 短歌と川柳とマカロニと

不自然なくらいに「新しい」色をしていた建物たちも、昔からあったような顔をしてその場所に落ち着いている。風化させるつもりはなくても、時間は色々なことを上書きしていくのだと思い知らされる。