川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

時間の上書きしていく22年

投稿日:2017年1月16日 更新日:

阪神淡路大震災から22年。

僕たちから見た関東大震災が遠い昔のことであったように、大震災といえば、いまの若い人たちには東日本のことがイメージされるようになってきたようだ。こんなことを書いている自分も、震災そのものよりも、震災を節目として、以前以後の時間の感慨にひたっているだけなのかもしれない。

[川柳]1月の神戸は花がよく売れる | 短歌と川柳とマカロニと

不自然なくらいに「新しい」色をしていた建物たちも、昔からあったような顔をしてその場所に落ち着いている。風化させるつもりはなくても、時間は色々なことを上書きしていくのだと思い知らされる。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

信州そば。

食わねば、きしめんの分までー。

迷子。

到着口はどこですかー?

指宿ロイヤルホテルの経営者の方の。

今日泊まっているホテルの売店で売られていました。興味深いので、買ってみようと思います。 覚悟の経営有村 佳子PHP研究所このアイテムの詳細を見る

天文科学館から眺める我が家

おお、ちいさい。

雪が見たくて、腱鞘炎を治したくて有馬温泉。

雪が見られたらいいな、腱鞘炎がマシになってくれたらいいな。 ということで、本日は有馬温泉、古泉閣さんにやってきました。 家から30分。でも、雪はちゃんと待っていてくれて。 読みたい本を5冊持ってきまし …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)