川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

無理をしすぎたあたりのシグナル

投稿日:2017年2月18日 更新日:

眩暈と吐き気の伴う耳鳴りがするときは、書く仕事は無論、歩くことさえままならなくなる。「バナナを食べたら、耳鳴りがする」という法則があるのなら僕はバナナを断念するのだろうけれど、あいにく、さいわい、バナナと耳鳴りには今までのところ関連性はない(ように思われる)。

耳鼻科では何度か検査をしてもらった。異常はないと診断され、どの先生も心因性のものであると僕に告げる。「ストレスのたまらないようにリフレッシュを」「ちゃんと寝るように、睡眠薬を出そうか?」

ある程度の負荷があるから、成長もできるのだろうと思ってる。ただ、自分はどうも、その負荷の見極めが難しいようで、過ぎたあたりに行ってようやく、しまったなと感じることがほとんどだ。身体はちゃんと、そのシグナルを出してくれる。「無理はするけど、無理をしすぎたあたりのシグナルには従う」というのが、当面、僕がとるべき生き方なのかと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

贅沢すぎる青と緑だ。

ポニョー。いい天気すぎるよね。 走り出すまで、新しいラーメン屋を検索していた、朝の時間が勿体なさすぎるんだ。 びば、豚骨。

満腹。

苦しすぎる。

美味しそう。

もとい、可愛い。

no image

仕事の山からもらう、ことばのエネルギー。

夜中の1時近くまで、いろんな人からメールや電話のあった一日でした(笑) 月末のコンサートに備えて、少しずつ耳を一青窈さんモードへ。その後は、また、松山千春さんの海に浸かって、春のコンサートに臨むことに …

no image

2009.03.31 のココロを永遠に刻も。

大きな失敗で、お客様に御迷惑をおかけしてしまいました。 積み上げてきたものが、一瞬で崩壊していくこと。それはもう、ひたすらに申し訳ない気持ちと、目の前に存在する「ミス」という事実にうろたえるばかりで。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)