川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

僕は「うほほーいオーラ」を出して、またヤバい人間になってしまうのである

投稿日:2017年11月20日 更新日:

意味を添えて言葉にすることもあれば、語感だけでその言葉を用いることもある。

たとえば「ヤバい」なんて言葉は、意味よりも勢いだろう。文字になった表現のすべてが「ヤバい」になってしまうのは確かにヤバいのだろうけれど、会話をしているときの「ヤバい」は、ある程度の驚嘆や感動を理解できるものなら、使っても構わないと思っている。「おいしい」「ヤバい」で伝わるものを、「これはかつて口にしたことのあるどの食材よりも柔らかく、甘く、それでいて懐かしく、優しい。僕はこの感動のために今日までを生きてきたのかもしれない」なんていちいち言葉にしていれば、一瞬で面倒な人間だと思われてしまうことだろう。本当の意味で「ヤバい」奴になってしまう。

会話をしていると、この人はいま、もっと難しい言いまわしを思いついたのに、この場の最大公約数を選んで、あえてこの言葉を用いたのだな、と気付くことがある。カタカタではなくあえて「たとえば」を使ったな、とか、四字熟語ではなく「自虐」で悟らせたな、とか。

おお、かっこいい。なんて頭の良い人なのだろう。
ぼ、ぼくも、あなたのその配慮に気付いた人なのです。そのうちのひとりなのですが、えっと、気付きましたよ、今の配慮。気付きました気付きました。えーっと、挙手しましょうか? はいはーい、僕、気付いてる側の人間ですよー。うほほーい。

と、アイコンタクトなり、気付いてる空気的なものをある程度醸し出したところで(あ、この気付いてますよオーラが嫌な奴オーラなんだった)とようやく理解するのである。だが時すでに遅し。このうほほーいオーラを我慢できないところがダメなところだ。

言葉は面白い、同じことを伝えるのにも表現は人の数だけある。正解はないし、上も下もない。配慮に満ちていることもあれば、乱暴なこともある。すべて、人を表している。うほほーいは少し痛いけれど、それだって僕の個性なのだ。

表現を臆することはない。どんな人格も、どんな商売も、伝えていかなければ、伝わらない。伝えないのは存在しないのと同じ。痛くても良いではないか。その傷もまた、誰かが僕を、僕だと認めてくれる。

伝えるということ、伝わるということ。
そこに在るということ。

僕は痛くて弱いなりに、その価値を伝えていきたいなぁと思っている。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

西端は東端から西端まで、明石を走り抜いて真っ赤になった。

明石の西端まで走りました。 今日は明石の東端から、西端まで、ジョギングで横断してきました。 真っ赤に日焼けして、風が吹いただけでも痛むんじゃないかっていうくらい。でも、よく頑張りました。 自分のblo …

これだけは君に伝えておきたい。

頭痛にはバファリン。溶けたい時にはウニ。 僕はそのことを、ちゃんと伝えていくことのできる人間でありたいんだ。

no image

多賀SAにて、休憩。

ここ、宿泊施設もあるんですよね。悩ましいところですが、また、頑張ります。 食わねばー。

no image

熱意は暴走と表裏一体 ~ワンマン社長の暴走とイエスマンたちの迎合と

とある場所でミニ講義のようなものをしてほしいと頼まれた。論じるほどのものも持っていないし、経験を話しながら自分はどう向き合ってきたのかということを連ねた。すると、話を聞いていた若者が「自分ならそんな風 …

kiss-fmの懐かしい記憶、神戸の夜明け

「kiss-fm ジングル 夜明け」で検索したら、この記事が一番上に表示されるようになっている(表示されるように記事を書いた)。 夜明けの神戸、Kiss FM KOBE、90年代、Drifting、S …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)