川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

work for future、2025年問題に備えていくということ、自分に投資するということ

投稿日:

2025年問題についてお話をさせていただく機会が増えてきました。

ある程度予測できている問題ではありますが、それに対して実効的な将来設計をしている人はそれほど多くないというのが実感です。今、持っているお金の価値が相対的に低くなっていく時代。投機的なものにギャンブルのようにお金を投じるのではなく、自分というリソースにどれだけ投資をすることができるか。そこから仕組みを生み出せるのか。仕組みから生み出された財を、その次にどのように投資していくのか。

「なんとかなる」時代ではないと思います。「なんとかする」生き方でなければ。ワークライフバランスという言葉に甘えていて大丈夫なのでしょうか。work for future、すなわち、未来のためにどのように自分の働き方と在り方を整え、自分に投資していくのか。シナリオを作っていくことは大切です。目先を我慢できなければ、未来はいとも簡単に崩壊してしまいそうな気がします。

もうまもなく、売り手市場は終わり、過酷な生存競争の時代がやってきます。

若いうちの苦労は買ってでもしろ、という考え方を肯定するものではありませんが、それなりに安定した生活をしている人たちの多くは、過去に苦労をしているということ。そして、同じ経験をもった者同士が可愛がられ、世の中を渡っていきやすいという現実を見ていると、僕はどうしても、楽な方向へ生きようとする風潮に疑問を感じてしまうことがあります。

生き方、在り方、シナリオ、共感。

冷たい風の来る時代に、僕たちはどう、対応していきましょうか。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

僕が経営者になって最初にしたことは、隠ぺい工作と変更でした

一年で何日か、自分にだって褒めてほしい日がある。 板宿、アーケードにも降り込んでくる大雨、税理士さんとの決算に関する打ち合わせ終了(ようやく)。6月までの期も正式に黒字で締められることが確定した。ほっ …

no image

クライアントという言葉を「お客さん」と言い換える効果

零細企業や小さなお店の方を対象とした講演会。コンサルの方の話を聞いた人のひと言が全てだなぁと感じた。「カタカナばかりで、病名かと思いました」 ▼ 「クライアント」という言葉を使えば、途端に「してやって …

no image

二つ折り名刺の功罪 ~名刺は穴埋め問題を作るように、渡す自分ではなく渡される相手のことを

対価を得ている以上はプロなのだから、表現するものに理由があるのは当たり前のこと。ただ、その理由や理屈を説明して納得させるのはいかにも机上の空論という感じがしてしまうので、相手の感性に訴えかける「たとえ …

no image

かかりつけ医! 神戸市長田区の、オススメ!

我が社の顧問医師、田中診療所の田中先生が事務所にやって来て下さいました。 わざわざ差し入れまで持って・・・。暑い中、本当にどうも、ありがとうございます。 とても気さくな先生。自らもサッカーをされ、ヴィ …

no image

事務所の間取りと通路の広さとヒロタのシュークリームと

新しい事務所で、実際に棚やパーテーションなどを設置したらどんな風になるのか、紙を床に配置してシミュレーションを行ってみた。 図面で計画するよりも、こうして作業してみることで気付くことは多い。「ただ歩く …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)