川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ピアノとカメラと言葉と世界と ~知るとは、知らないことが増えていくということ

投稿日:2018年2月14日 更新日:

色々な道具があって、その道具をどんな用途で使うかは人それぞれです。

たとえばピアノ。僕はピアノで何かの曲を演奏することよりも、ピアノで作曲をすることが大好きです。演奏という表現ではなく、作曲という表現をするための相棒としてのピアノ。「うまく演奏しなければ」と思っているときは道具に使われていますが、「何かを創り出したい」と思って向き合っているときのピアノは、僕に、誰にも邪魔されなたくはない研ぎ澄まされた時間を与えてくれます。

カメラも楽しいですね。記録するためではなく、世界をちぎり取るためにカメラを持ち出して街を歩くと、景色が向こうから迫ってきてくれる感覚があります。どの構図で、どの景色を狙うのかも人それぞれなのだと思いますが、僕はタイトルや物語といった「ことば」が同時に浮かんだときだけシャッターを切っています。言葉と写真が同時に浮かぶこのときだけは別人格。たぶん、普段は抑制している己自身に出会っているのだと思います。

知るとは、知らないことが増えていくということ。
景色と言葉に出会うたび、そのことを強く思います。時間をつくって、たくさんの景色に出会っていきたい。この世界を表現する言葉を創り出していきたいと、そんなことばかり考えてしまう今日この頃です。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

ど真ん中のストレートを空振り。

また眠れずに目が覚める、3時。 夢を見ていた。 走って、車に乗って、遠くへと逃げていく。約束の場所。 昔の顔が並ぶ。 許している自分がいた。許されている自分がいた。 寛大な時間だった。 帰るべき巣、そ …

播州ラーメン、西脇大橋ラーメンなう。

食わねばー!

no image

もしもピアノが弾けなくなったら

ちょっとした乱闘騒ぎに巻き込まれる。そのときに手首を強く引っ張られたことが原因で、両方の手にしびれが出るようになってしまった。 手根管症候群というやつになってしまったかもしれない。iPhoneを操作す …

秘密 ― 離したくない愛がある。

東野圭吾さんの『秘密』、読了。 秘密文藝春秋この本の詳細を見る 「男」として読むか、「夫」として読むか、はたまた「父」として読むか。それによって、感じ方は人それぞれ異なるかもしれない。 僕が、どの立場 …

水掛け不動。

@法善寺。 そして目的地に辿り着いてお仕事モード。行ってまいります。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)