読書

放課後 ― もう時計は止まったままで。

東野圭吾さんのデビュー作、放課後読了。

放課後
著者: 東野圭吾
出版社: 講談社
サイズ: 文庫
ページ数: 353p
発行年月: 1988年07月
本体価格 571円 (税込 599 円) 送料込

「彼女たちにとって最も大切なものは、美しいもの、純粋なもの、嘘の
ないものだと思います。それは、時には友情であったり、恋愛であったり
します。自分の肉体や顔の場合もあります。いや、もっと抽象的に思い出や
夢を大切にしているケースも非常に多いものです。逆にいえばこういう大切な
ものを破壊しようとするもの、彼女たちから奪おうとするものを、最も憎む
ということになります」

つまり、人は壊れやすい。

そして、人は人を容易くも破壊してしまう生き物であるということだ。

卵を抱えて生きているといってもいい。
消えそうな炎を抱いて走っているといってもいい。

消さないように、壊されてしまわないように、生きている、誰かと関わっている。

生きた時間を重ね着のように。

次第に、精神も図太くなっていくのかもしれない。
だけど、必ずなるってもんでもない。

成熟を見せないままの、青いリンゴ。

大人という区分で、人の弱さや強さは語れない。
涙の壷が乾かぬ限り、脆さはずっと存在する。 だから、人は、いつも青春の
風に吹かれたがる。

それが裸のままであることを承知しているからこそ。

僕は、今日も、大人の得意な笑顔を作りながら。
重ね着の中のありのままを、何一つ見せることなく、一日を生きた。

それはまるで、永遠の放課後と形容し得る、ストップモーションの時間だった。