川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

朝に聞く、しゃがれた声と内側の声と。

投稿日:

早起きして言葉を綴る。

色づき始めた庭のさくらんぼ。
そろそろ、そうか、雀たちと戦いの時期が近づいてきた。

いくらかはあげるけど。

全部はやらんぞ宣戦布告。

暑かった火曜日、昼間は袖を捲り上げて。

電話、メール、新しい仕事の相談も2件。
その点を線にしていく中で、自分たちならばどう彩色することが出来るか、
イメージを膨らませる。

利益にこだわるのならば「全部できます!やりますよ!」であるべきだが、
制作物がホームページや印刷物といった『お客様の分身』になるならば、
しっかりとインタビューを重ねて、まずは背伸びを排除するところから
始めていくことにしている。

等身大をわかりやすく伝えるための、デザインなりコピーといった手法だ。

背伸びの嘘は、すぐに見抜かれることになる。
在りのまんまを表現することが、ほんとは一番難しくて、でも、効果的。

声が、少しだけしゃがれ始めていて、体調悪化の予感。
月曜日に訪れた事務所で、風邪を貰ってきてしまったかな。

7時前には会社を出ることにして、早めの帰宅。

すると、今朝こうして、早起きのリズムに繋がった。
朝の脳みそは、なんの渋滞も見られず、内なる声との対話もスムースだ。

こういう習慣を持てるようになればいいなぁ(決意には遠い、希望)。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

手紙になってしまった、今年ラストの。

仕事でお世話になっているMさんから、お肉をいただいた。 今年3度目の贈り物。すっかり病み付きになってしまった宮崎の和牛。 いつもお心遣い、ありがとうございます。 ご褒美用の美味しい焼酎と一緒に、至福の …

repose of the soul.

大蔵海岸、明石市民花火大会での歩道橋事故から11年の月日が経った。自責他責を問う苦しみと闘いは今も続いていて、夏の入口、安全と責任について毎年考えさせられる。 青空に歓声。 砂浜に似合うのは、やっぱり …

no image

知名度と期待値と ~波に乗れなくて、中を埋めきれなくて。

知名度を高めたいと思って始めたサービスも、その実績が積み上がると、今度は期待値となって「これまで以上」を求められるようになる。必然的に「申し込みの数」も増えて、「期待値×申込数」の分だけ仕事が慌ただし …

no image

ASKAさんの逮捕という事実を受けて、色褪せることのないものを想う

[短歌]立つ鳥の濁した水は透明な宝箱まで凍らせていく | 短歌と川柳とマカロニと 嫌なことがあれば詩に書いて心を静めてきたし、ピアノに感情をぶつけては負のエネルギーを曲に昇華させてきた。 そんな風な僕 …

CD乱れ借り。

音楽で身体に元気を補給。あー、ピアノが弾きたい♪

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly