川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

自分とその周囲だけ良ければいい、だなんてのは。

投稿日:

住宅ローンの繰上げ返済の手続き。

10年以上の時間を縮めることが出来たので、完済は50歳過ぎの見込みとなった。
ただ、どんなに遅くても45歳までには全ての返済を終えてしまいたいと思う。

それは、ただ単にその方が金利分がお得だから、なんて意味だけではなく、
やっぱりどうしても、父の死んだ年齢を意識してしまうからだろう。

61歳が自分の通過点になるのか、終点になるのかはわからない。

もしかすると、晩年は父と同じように、身体がボロボロになってしまって、満足に
仕事をすることも出来ていない可能性だってある。

いろんなリスク、可能性を含めて考えると、これからもきっと、僕は同世代の
人間よりは、ほんの少しだけ、生き急いでしまうのかもしれないような予感を
覚えている。

あぁ、だから、父にはもっと長生きしてほしかったんだけど。

一生懸命、いろんな保険商品を見比べて、自分の夫に生命保険を掛けて。

でもね、そんなのって、いやだな。
最高の保険はやっぱり、男も女も、当たり前に社会に参画することでは?

自分たちの子供が、将来、自分たちの医療費や何かのために、苦労するのは
嫌なんでしょう? だったら、一生懸命家のこともしましょう、働きもしましょう、
納税をしましょう。そして、自分たちの代表に未来を託しましょう。

…って、なんかの広告みたいで。

家のこともして、働くこともして。

そんな背中を見せられるようでありたい。
自分たちだけでなく、同じ世代と下の世代に、そんなデフォルトを示していけるようで
ありたいと思う。

男女共同参画社会。

家のことをしない男もダメ。
働かない女もダメ。

税収が絶対的に足らないのに、やれ医療費だ教育のお金だ、と求めてばかりいても
仕方がない。

高齢化、なんですから。

自分の家の子供のことだけ考えてても、もう、どうにもならない、そんな時代になって
きてるのではないでしょうか。

汗、ながそうよ、はたらこ。

理想論はわかった。理屈はわかった。
でも、自分のことだけじゃ、ダメなんですよ。

それをわかってほしくて、あえて書いてみるのです(誰に書いてるのでしょう)

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

意識が高いとは ~知っていることも知らない顔で聞く

朝方の生活、いわゆる朝方人間で失敗をする人は少ないけれど、朝方人間であることを主張し始めると人付き合いに微妙な変化が生じ始めることがある。似たような事例で、「身体に良くないので、ラーメンは食べないこと …

no image

僕の背中は自分が思うより正直かい。

「役割だから、責任をもってやれよ」っていうのはつまり、おかんの「あんた早く宿題やんなさいよ」にも似ているわけで。 人心の掌握に長けたリーダーだと、「こっちの仕事が早く終わりそうだから、手伝うよ」と伝え …

no image

単純な話、僕ら関西が元気になるためには。

やっぱ阪神タイガースの優勝でしょう。 いよいよ開幕。明石が誇る『背番号9』も、今年は開幕レギュラーをげっとしました。 頼むでー。期待しとるでー。いかなご食べて頑張るんやでー。

no image

週間天気予報に雪だるまがいる、それだけで

週末、どうせなら積もるといいのにな。積もってほしいな。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年1月12日 週間天気予報に雪だるまを見かけると、年甲斐もなく嬉しくなってし …

no image

印刷業からサービス業へ、アイデアの引き出しをいくつ。

先週貰った5日分の風邪薬が、木曜の朝で無くなってしまう。 相変わらず咳がひどくて、特に夕方以降、冷え込んでからの時間帯は身体にも相当きつい。念のため、もう一度病院行っておくべきか否か。 今日もまた、新 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly