川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

自分とその周囲だけ良ければいい、だなんてのは。

投稿日:

住宅ローンの繰上げ返済の手続き。

10年以上の時間を縮めることが出来たので、完済は50歳過ぎの見込みとなった。
ただ、どんなに遅くても45歳までには全ての返済を終えてしまいたいと思う。

それは、ただ単にその方が金利分がお得だから、なんて意味だけではなく、
やっぱりどうしても、父の死んだ年齢を意識してしまうからだろう。

61歳が自分の通過点になるのか、終点になるのかはわからない。

もしかすると、晩年は父と同じように、身体がボロボロになってしまって、満足に
仕事をすることも出来ていない可能性だってある。

いろんなリスク、可能性を含めて考えると、これからもきっと、僕は同世代の
人間よりは、ほんの少しだけ、生き急いでしまうのかもしれないような予感を
覚えている。

あぁ、だから、父にはもっと長生きしてほしかったんだけど。

一生懸命、いろんな保険商品を見比べて、自分の夫に生命保険を掛けて。

でもね、そんなのって、いやだな。
最高の保険はやっぱり、男も女も、当たり前に社会に参画することでは?

自分たちの子供が、将来、自分たちの医療費や何かのために、苦労するのは
嫌なんでしょう? だったら、一生懸命家のこともしましょう、働きもしましょう、
納税をしましょう。そして、自分たちの代表に未来を託しましょう。

…って、なんかの広告みたいで。

家のこともして、働くこともして。

そんな背中を見せられるようでありたい。
自分たちだけでなく、同じ世代と下の世代に、そんなデフォルトを示していけるようで
ありたいと思う。

男女共同参画社会。

家のことをしない男もダメ。
働かない女もダメ。

税収が絶対的に足らないのに、やれ医療費だ教育のお金だ、と求めてばかりいても
仕方がない。

高齢化、なんですから。

自分の家の子供のことだけ考えてても、もう、どうにもならない、そんな時代になって
きてるのではないでしょうか。

汗、ながそうよ、はたらこ。

理想論はわかった。理屈はわかった。
でも、自分のことだけじゃ、ダメなんですよ。

それをわかってほしくて、あえて書いてみるのです(誰に書いてるのでしょう)

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

鼻はいつだって、へし折られるように差し出さなければならない

決算に関する諸々が終わって、納付書ができた。あとは銀行に行って払い込みをするだけ。納付書の枚数は2枚ではなく5枚。5枚であることにほっとする。会社という人格が存在する意味を、会社そのものに与えてやるこ …

ひと思案。

体調の回復に努めた一日。 夕方から始動。 近所の喫茶店でひと思案。 携帯に転送される仕事のメールを整理しながら、 明日のことを考える。 必要とされることは、本当に有り難い。

明石から須磨まで撮影ウォーキング 〜縁起の良いものナナナナ777物語

仕事で明石海峡大橋の写真が必要だったので、撮影がてら、明石から須磨まで歩いてみることにした。 ただ歩くのも面白くないので「7」や「福」という縁起の良い数字や文字を探してみることにする。五感を研ぎ澄まし …

柿食えば。

罪も三割軽い空。

「食わねば」精神はいつだって。

静岡といえば鰻。 病院は伊豆長岡の温泉地の真ん中にあります。美味しそうなウナギのお店を見つけたので、お昼ご飯に食べてきました。 日帰りで温泉にも入浴。 昨日は病室に泊まって疲れたのかもしれません。休憩 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly