川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

7月21日、橋の上の祈り。

投稿日:

連休最終日。

庭のスイートスプリング(柑橘類)の葉が青虫に勢いよく囓られている。
多少ならと目をつぶっていたけれど、堪らず、退去していただくことにした。ごめんな。

散らかっていた部屋の掃除。
本はすぐに積み重なっていくので、本棚のある2階まで、その都度取りに行ったり
しまったりするする自分ルールを策定・・・ したけれど、したけれど、さて。

母に頼まれていたカーペットを買いにホームセンターまで。

社内の雰囲気も一新したくて、椅子や棚など、作業効率の上がりそうなアイテムを中心に
眺めて過ごす。働く人にも、来ていただくお客様にも、快適な場所にしていきたい。

夜、大蔵海岸を経て、朝霧駅方面。

7月21日、歩道橋事故から7年が経った。

膝を突いて祈りを捧げる。
目を閉じて、安全についての考えを改める。もう、二度と起こしてはならないこと。

自分の周辺にも、安全に対する過信はないだろうか?

こんな機会に、しっかりと考えておきたいこと。
しっかりと、考えなければならないこと。

先週は、体調のわるいままの時間を過ごしてしまった。

休養は十分。
さぼってしまった分も含めて、しっかりと取り戻していける時間管理を心がけよう。

金曜夜に参加した会議で、いい刺激をたくさん受けた。

このエネルギーを生かさない手はない。
より一層、質の高い仕事をしていきたいと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

夜明けの神戸、Kiss FM KOBE、90年代、Drifting、Suzanne Ciani、ジングル ~夜の白くなるまで

犬だとか、父親だとか、親戚だとか、家族だとか。 そんなすべてがぎゅっと存在していたのは、僕にとって90年代。中学生や高校生の頃の放課後は永遠だったし、夢や愛なんてことは星の数以上に語り合った。メールは …

2億円を買いました。

大化けする予定です。

明石妙見社 – ストレスを吐き出すことの出来る場所。

ツツジで有名な明石の妙見社。 石田三成に仕えた軍師、島左近が尊像されている。明石の柳人として有名な助川助六さんの「どの鯛も明石で獲れた貌をする」の句碑があるのもこの境内で、明石の観光コース「時の道」沿 …

ハサミたちの小休止。

三宮で見かけた貼り紙。 節電要請の、街は静か。経済はどんな風にまわっていくのだろう。 まもなく、梅雨明け。 暑さを我慢することで、泡を吹いて倒れる人たちが続出しないことを祈るばかり。

明石子午線どんとこいおどり。

『ときめいてひとおどり』だ、そうです。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly