川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを   ばた

投稿日:

そう、なってしまったコト。

いつか当たり前だった平和や安全。
いま、祈らなければならないものへ。

だれかを信じなさいという言葉や教え。
いま、人を疑う性悪説へ。

短冊は、どのときから。

寒い季節に揺れるようになってしまったのか。

===

  【掲載】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを

    ふあうすと2008年7月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】敬老の日の孫の手にあるリボン   ばた

 立秋を過ぎる頃から、夏らしくなってきた。前川企画印刷は「年鑑制作」の夏、事務所は、もっと熱い▼句集作りの相談、引き続き、いくつか。自分も川柳をしていることをお伝えすると、打ち解けて、ご希望を伝えてく …

no image

【川柳】有り難い場所に鏡を置いておく   ばた

今日も新しいお仕事のご相談、そして、新しい出会いもありました。 忙しいときに何かを頼まれると、つい(しんどいなぁ)と思ってしまいがち。だから、出来るだけいつも、「有り難いなぁ」という言葉を、ひとりごと …

no image

【川柳】秋の海 名前を呼んでいるひとり   ばた

 (引用― 裏表紙に載せた、自分のことばから)  これを書いているちょうど今、年鑑の制作業務が完了。皆さんのお手元に届く瞬間をイメージしつつ、これから印刷と製本作業へ▼自分自身も川柳を趣味とするように …

no image

【川柳】輪郭は父に似てきて反抗期   ばた

誰も、みんな。 その道を通って、同じ貌になっていく。やがて気がつくのは そこに、形のような想いがあったのだということ。 ===   【入選】輪郭は父に似てきて反抗期     2007年02月蛸壺川柳社 …

no image

【川柳】愛は去るセピアの街が止まらない   ばた

そのときから、景色は表情を変えた。 目を細めて見る理由、それは、眩しいからとも、涙だからとも。 あんな頃もあったのだと、こぼれる吐息。季節は移るのに、変われないまま立ちすくむ、セピアの風の中。 === …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly