川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを   ばた

投稿日:

そう、なってしまったコト。

いつか当たり前だった平和や安全。
いま、祈らなければならないものへ。

だれかを信じなさいという言葉や教え。
いま、人を疑う性悪説へ。

短冊は、どのときから。

寒い季節に揺れるようになってしまったのか。

===

  【掲載】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを

    ふあうすと2008年7月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】夏祭り 逢いたい人のもういない   ばた

浴衣の波 賑やかな声 毎年大人になっていく僕の 手持ち無沙汰の理由 それは君なら知っている そんな君には もう逢えないけれど ===   【掲載】夏祭り 逢いたい人のもういない     ふあうすと20 …

no image

【川柳】節穴でいい身の丈の幸でいい   ばた

もったいない、もったいない。 きっと、誰もが羨むような何かが次々と。毎日、通り過ぎていくのでしょう。 でも、あいにく。 わたしの目は、節穴で。 今日も、焦らず、のんびりと。 天気がいいねの挨拶で始まる …

no image

【川柳】敬老の日の孫の手にあるリボン   ばた

 立秋を過ぎる頃から、夏らしくなってきた。前川企画印刷は「年鑑制作」の夏、事務所は、もっと熱い▼句集作りの相談、引き続き、いくつか。自分も川柳をしていることをお伝えすると、打ち解けて、ご希望を伝えてく …

no image

【川柳】新緑のどこか いつかの肩車   ばた

どこまでも響く口笛の景色だった。 鳥と同じ高さにいて、僕は空を独り占めしたがった。 風は薫って、いまも、懐かしく、耳に届いて、こえは、とっても温かい。 父さんは、もう、居ないようで、 僕は、あれからも …

no image

【川柳】君と来た場所で瞼を閉じている   ばた

あの日の風の匂いだとか。 あの時の空の色だとか。 指で弾いた程度の「しびれ」が残っている心の場所があります。 「点」であるはずの情景は、いつまでも輝きを失わず、温もりを失わず。 ずっとずっと、その場所 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly