川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを   ばた

投稿日:

そう、なってしまったコト。

いつか当たり前だった平和や安全。
いま、祈らなければならないものへ。

だれかを信じなさいという言葉や教え。
いま、人を疑う性悪説へ。

短冊は、どのときから。

寒い季節に揺れるようになってしまったのか。

===

  【掲載】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを

    ふあうすと2008年7月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】金環を見上げ宇宙を生きている

 何十年や何百年に一度という星たちの奇跡に巡りあった。見上げる声は、誰も子どもの頃のそれで、宇宙の広さに一人一人はとても小さい。米粒にも満たない蒼を、星はどんな風に笑うのだろう▼科学にも計算の出来ない …

no image

【川柳】レトルトの愛が育てている時代   ばた

「宿題、終わったよー」「テストで100点、取ってきたよー」 「赤ちゃん、出来ちゃったよー」 そうだ、祝福の拍手をしなくては。 ===   【掲載】レトルトの愛が育てている時代     ふあうすと200 …

寂しくて泣いたし、嬉しくて泣いたし ― 父の子で、母の子で。

康孝の孝 父の名と母の詩と こんな句を作って、blogに掲載したのは、父が亡くなって半年が経った去年の秋。 大会で選ばれたわけでも、誰かに認められたわけでもない。でも、今までに自分が2000句以上もの …

no image

【川柳】逢いたいと想う こんなに流れ星   ばた

 前川企画印刷という会社を継いでから4度目の決算を終えた。同じだけ、自分にとって、川柳の歴史。はじめて作った句を、直球さんに「ええやないですか」と褒めて貰ってから、今日まで。いま、想うままに綴る句を、 …

no image

【川柳】虫たちの音符を抜けていくページ

夏の太陽に焦がされた人も、虫たちの奏でる楽器に耳を澄ませる。 同じ星の上に生きて、どんな悲しいことがあっても、ちゃんと季節は巡っている。ほっとして、空を見上げる優しさは誰も同じ。凍て付く冬の寒さではな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly