川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを   ばた

投稿日:

そう、なってしまったコト。

いつか当たり前だった平和や安全。
いま、祈らなければならないものへ。

だれかを信じなさいという言葉や教え。
いま、人を疑う性悪説へ。

短冊は、どのときから。

寒い季節に揺れるようになってしまったのか。

===

  【掲載】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを

    ふあうすと2008年7月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】封書待つ蕾を愛でる顔をして   ばた

合格の嬉しい便りは封筒で届く。 この春、新しい道を歩みだす、輝かしい人たちへ。 どうか、素晴らしい人生を。そして、その封書を、優しい顔をして、辛抱強く待ち続けた人のために。 一生懸命、応え続けてあげて …

no image

【川柳】蜂蜜と優しい妻がありまして   ばた

正面から、「うんうん」と頷いてみるあなた。行間を読んで、「にやにや」と笑ってみるあなた。 悪戯にぼくは、こんなカードであなたを覗いてみたりもするのです。 ===   【掲載】蜂蜜と優しい妻がありまして …

no image

【川柳】明日咲く花があるからよく眠る   ばた

「明日も」「明日こそは」 人それぞれの、どんな未来も、どんな明日も。待ってみること、信じてみること。 今日はボロボロに傷ついた蕾だって明日は光を受けて、大きな花を咲かせるかもしれません。 光を探して。 …

no image

川柳句会のはじめての選者を終えて

ふあうすと川柳社の本社句会で選者を務めさせてもらった。 川柳句会で初めての選者体験。披講の仕方に好意的な感想をいただけてホッとした。1時間での選はやっぱり厳しかったな。選ぶ側の気持ちを知る貴重な機会だ …

no image

【川柳】平成の兵隊たちがするピアス   ばた

戦争は、過去の。 平和は、当たり前の。 兵隊たちは、飾りながら、過ごしていた。 そうなるだろうとは、知らず、生きていた。 昭和の、次の。 そんな時代の、お話だった。 ===   【掲載】平成の兵隊たち …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly