川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

今年は、今年も。

投稿日:


尼崎市文芸祭の結果通知。
今年は『準佳作』で選んでいただきました。

一昨年は準佳作。
去年は佳作。

なかなか上に行けません(汗)

でも、地元明石の文芸祭は全然ダメなことを考えれば上出来…ですよね。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

あまりにジュニアが歩いてくれないので。

鯉に餌をやっています。 不気味なくらい集まってきます。

no image

はじめての「代表取締役」 …まさしくタコ社長。

形式的なもの、と言ってしまえばそれまでなのかもしれないけれど。 この7月から、代表取締役として一つの会社を任されることになった。小さい会社なので、「社長」とはいっても、寅さんに出てくる「タコ社長」のよ …

no image

凧にカメラを吊り下げて撮影する「カイトフォト」の写真たちに人間の大小を思った

明石出身のヤマナカタツヲさんのサイト。 風とレンズの向くままに【Kite Aerial Photography】 神戸新聞で知ったその存在。凧に小型カメラを吊り下げて撮影する「カイトフォト(KAP)」 …

no image

命は温度をもって、僕のそばにいてくれる。

手術、無事成功。 あーちゃん、元気。 そして僕は、とびきりの玩具を買って貰ったときのように、ご機嫌。 存在、生きていること、当たり前であること。 それが、人を、僕を、こんなにも幸せな気持ちにしてくれる …

no image

秋の季語であるヒグラシは、夏の始まりからずっといるということ ~カタチのない音や匂いに

神戸市西区の如意寺で収録したヒグラシの鳴き声。 物悲しい鳴き声は秋の季語にもなっているが、神戸あたりでは、少し山間に行けば7月の初めくらいから聞くことができる。この動画は2016年7月23日に撮影した …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly