川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

今年は、今年も。

投稿日:


尼崎市文芸祭の結果通知。
今年は『準佳作』で選んでいただきました。

一昨年は準佳作。
去年は佳作。

なかなか上に行けません(汗)

でも、地元明石の文芸祭は全然ダメなことを考えれば上出来…ですよね。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

レミオメロン。

何度教えて貰っても、そうとしか。

目的地はどこ? 辿り着きたいのはいつ? 守りたいのは誰?

ずっと泳いでばかりもいられない、かといって、休んでばかりでも置いていかれてしまう。目的地はどこで、辿り着きたいのはいつなのか、ゴールの瞬間には誰といたいのか。「こんな風になりたい」だけでは叶わない。 …

no image

仕事の出来る喜びを感じながら。

腱鞘炎は、手首にサポーターをつけて過ごすとかなり軽減される。 大袈裟だとか、痛々しいとその都度言われるのも鬱陶しくて最近はしていなかったけれど、仕事に支障が出てもいけないので、常用することにした。手首 …

no image

バンドの練習日、音符たちの助けてくれるものは

「バンドの練習日なので楽譜を取りに帰った」と書けば、練習のあることがわかっていて持って出るのを忘れたのかとバレてしまいそうだし、「楽譜を取りに帰ったが、何処にあるか分からずしばらく探した」と書けば、今 …

no image

抹茶フラペチーノへの、遙かなる想い。

アメリカのスタバでは、オーダーのときに名前を聞かれるらしい。日本も同じシステムにしてくれたら「抹茶フラペチーノをお待ちのお客様~」と呼ばれては(やだあの人、抹茶フラペチーノなのね)などと思われているの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly