川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

どんな景色の最後にも、添える言葉のありたくて。

投稿日:

新しい車にどうぞ、とスパイクさんから海外の芳香剤を貰いました。

気の利いた贈り物、ありがとうございます。
今すぐ自宅の便所に置きたい衝動をぐっと堪え、12月の納車まで大切に
保存しておきたいと思います。

・・・たぶん。

興味を持ったことは、とことん調べておきたい派。


フィットに関する本を取り寄せてみました。

うぇ、ところがコレ、カスタムガイドっての、なんじゃこりゃ。
不良っぽーい。段差で部品、落とすっぽーい。

基本的には、どんなものでも「ノーマルに近い」仕様で使うのが好きな人間です。

1900円もする本でしたが、買って損しました。
優等生でいこー。

夜、同友会の運営委員会。

そしてそうでした、来月はこの会議の席で、何か発表をすることになっていたのでした。
何について喋りましょうか。

いろんな集まり、いろんな交流。

歩み出すと誰かの場所にいて、その場所からまた、明日に走り出す追い風を貰うことが出来ます。

こういうチャンスって、待っていてもダメなんですよね。
自分から腕を伸ばしてみて、はじめて吹き始めるものなんだろうな、と、痛感しています。

今日は明日は明後日は。

さて、挑戦の向こう側には何色の景色が待っていてくれるのでしょう。

どんな締めくくりにも、「ありがとう」という言葉を添えられる自分でありますように。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

最後の清流へ、来年こその言葉をもっと。

土曜日の夜は、いただいた高級なお肉をしゃぶしゃぶにしてぺろり。 単純な話、美味しい物を食べるだけで人間は幸せになる。時々はこうして、心に身体に嬉しくなるご褒美のような時間を過ごしたい。 日曜、爽やかな …

家路。

阪神高速、西へ。 くたびれた車間距離。明日の花粉はどんなかな?

no image

上京の夢をあきらめた、チキンジョージで手渡したデモテープのあれからと今と

耳が満たされ、感じるものがあって、調べてみると、死を予感して作った最後の楽曲だということが分かった。思念は残って、超えて、伝わっていく。表現の形や手法は様々でも、自分もそんなモノを形成して、「いつか」 …

no image

轢かれそうになっても。

ポニョー。 轢かれそうになっても、車がフィットだったから許せてしまうんだ。むしろ僕の血で汚してしまってはいけない、くらいの気持ちだよ。 さぁ走ろう。 ドラフトで指名されて、ミスタータイガースを目指すそ …

no image

ご飯をたくさん食べられるその体力を信じて。

転移。 体力を考えて、何もしないのも一つの選択肢だ。でも、僕らは手術に賭けてみることにした。 これからも、一緒に過ごせる希望を、信じてみることにした。 来週、手術、予定。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly