川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

2009年走り始め。

投稿日:


@朝霧駅前。

ポニョー。

風邪ひいて、忘年会が続いて、仕事が忙しくなって。

全然走ることの出来なかった二ヶ月を取り戻そう。
まずは7キロ走からだよー。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

心に芽のある限り

波が落ち着いてから漕ぎ出だすのも、波の向こうの安寧を求めていま出立することも人ぞれぞれの選択。正解のないことの相談を受けると答えに悩む。背中を押してくれる人がいる間が華かもしれず、思い止まることを示唆 …

no image

遊んでください第二弾。

再び、気分転換モード。 前回「遊んでください日程」を公開したところ、色々と声をかけていただき、大変幸せな時間を過ごさせていただきました。 というわけで、調子に乗って、第2弾のご案内です。 淋しがり屋さ …

no image

「想」から始まっている、それでいい

「祈りなんて何の役にも立たない」とは、巡るその先を想像することのできない、なんとも寂しい意見だなぁと思う。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年4月19日 行動の源泉 …

no image

優先することのなかに、一つの命。

年が明けて年度終わりが近付いて、属する団体のいくつかでも新しい人事が進められようとしている。様々な打診をいただくも、自分の立場は自分だけのものではないということを常にして、迷えば、メンバーの顔と負担を …

no image

おっちゃんの夏休み。

連休の始まる前夜、トランスフォーマーを観ました。 あの動きの速さに、字幕で対応できる人が信じられません。洋画は、吹き替えで鑑賞するに限ります。 途中から、どっちが敵で味方かすっかりわからなくなりました …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly