川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

20年を一緒に過ごした、家族以上の家族だから。

投稿日:

二度とは戻らない一日一日の時間だから、思い入れのたくさんある過ごし方をすれば。
それはそれで、昔はこうだったのにと、切ない思い出に変わってしまうことがある。

でも、だからといって。

出会わなければ良かったとは思わない。

全部きっと、出会って良かった、それが、これまでの人生。

夜、弟からの電話で、20歳になった愛犬あーちゃんの容態が急変したことを知る。

慌てて実家へ。
力のない表情をしているあーちゃんがいる。

逝っちゃだめだよ、と、いつもの撫で方をして、心をこめて。

どうにか落ち着いて、口元に運んであげた水を飲み、ご飯を食べる様子に、
ほっとすることが出来た。

すっかりおばあちゃんになってしまったあーちゃんだから。

足腰も弱って、目も見えにくくなってしまって。
色々辛いんだろうけれど。

保健所に連れていかれて、檻の中から取り戻してきた、世界で一番大切な家族。

やっぱり、まだ、そういうことは、考えたくない。

わかっているけれど。

わかりたくないこともある。

今日は、そんな夜です。

どうか、このまま落ち着いていて欲しい。

心からの想いを飛ばす、そんな夜です。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

刑務所を言い間違える。

「塀(へい)の中に」と言っているつもりで、僕はいつでも「堀(ほり)の中に」と言い間違えている。 堀の中て。あひるさんやあるまいし。

荒了寛師と出会い、山門を下りて、謙虚になったはずの僕は。

荒 了寛師の書籍「生きるとはなあ」と来年のカレンダーを購入。 羅漢さんの絵説法。眺めているだけで和まされ、そして、はっと気付かされます。 尖ってきたり、蒼いため息をこぼしてしまったり。 そんな疲れてい …

no image

父の死後、すぐ、家庭裁判所にて。それからの冬。

国道で交通量調査を行った友人の「鼻毛は一日で伸びるし、鼻の中は真っ黒になるし」と語っていたことを思い出す。 日常に起きることを「プラス」「プラマイゼロ」「マイナス」の3つに分けたとき、このマイナスの空 …

手紙になってしまった、今年ラストの。

仕事でお世話になっているMさんから、お肉をいただいた。 今年3度目の贈り物。すっかり病み付きになってしまった宮崎の和牛。 いつもお心遣い、ありがとうございます。 ご褒美用の美味しい焼酎と一緒に、至福の …

岡山護国神社にて結婚式。

次は三時半から披露宴。 しばし休憩中。今日は岡山駅前の東横インに宿泊します。 ゆえに。 飲みます(^-^)/

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly