川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

仕事の山からもらう、ことばのエネルギー。

投稿日:

夜中の1時近くまで、いろんな人からメールや電話のあった一日でした(笑)

月末のコンサートに備えて、少しずつ耳を一青窈さんモードへ。
その後は、また、松山千春さんの海に浸かって、春のコンサートに臨むことに
なるのでしょう。

疲れているときの、音楽のシャワーはとても有効。
犬と遊んで、居心地のいい人たちとの大切な場所を育んで。

そうやって、また、日々を頑張る英気を養っていきます。

初旬。

原稿の入力の山と格闘して過ごしています。
明日からは、また、句(川柳)を入力していくことに。

自分の気持ちも「川柳をつくりたい」という想いに支配されて、いろいろな情景に
分身を遊ばせます。気持ち、シンクロして上手な言葉を拾えると、納得のいく句が
出来たりするのですが、今月はどうでしょうか。

締切は10日に1句、15日にいくつか。

さてさて。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

君と好きな人が100年続きますように。

一青窈さん@神戸国際会館のコンサートに行ってきました。 言葉とメロディの海に身体を沈めることが出来た2時間。充電完了、たくさんのエネルギーを貰いました。 創作モードのスイッチも入り、いくつかの川柳を生 …

no image

松山千春が人を殺さない理由。

― 人間が人間である限り、人を嫌いになるのは当たり前。だけど、その存在を否定することと、人を嫌いになることは意味が違う。 「なぜ人を殺してはいけないの?」 子供に聞かれて、答えられない大人がいる。答え …

祖父逝去。

父方の祖父。 「孝」の字は、祖父から父を経て、自分に継がれました。 おじいちゃん、ありがとう。いろいろごめんなさい。 どうか力になってください。

再び淡路SA。

淡路を30分で走り抜け… ただいまです。

膝をついて窪んだ場所に植えた種 ~夏と秋を分ける線に

夏と秋を分ける線を目撃した。 夏の空気を洗うような夕立の雲が過ぎてしばらくすると、思い思いに虫たちが秋を奏で始める。夏の終わりの虫の声で検索すると僕のブログは一番うえに表示されるようになっていて、ここ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly