川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

デパートの地下のような楽しさと効果を ― 今度はのぼりだ。

投稿日:

4日だったか、5日だったか。

連続で、もう、布団から遠ざかっている。
床でそのまんま、朝を迎えてしまう不健康な生活。

今夜こそはこれを書いたら、目指せ布団の優しい寝床。

いかにも年度末の、異様な慌ただしさ。

「元旦に、年越しそばは食べないでしょう?」

たった一日で何が違うのだ、と問われた時に使ったこのフレーズ。
なるほど、と納得されるのもあっという間で、多用している。

この3月は、自分が社長になってから、単月では最高の売上を記録することが出来た。

どうやら6月の決算に向けても、これまでの記録を更新する一年になりそうな雰囲気。
実に有り難い。

若い自分たちの可能性を信じてくださったお客様へ。
無茶なお願いを快く受け入れ続けてくださったパートナー企業へ。
お客様のために、仕事を自分の喜びに変えながら頑張ってくれているメンバーへ。

ちゃんと感謝、ちゃんと還元。

次は私たちの、そして、僕の番ですね。

ちゃんとちゃんと、ちゃんとちゃんと。

年度末、という締めくくり、そして、次のスタートダッシュ。

僕たちの仕事は制作業ですが、以上に、サービス業。
ゆえに。

デザインやコピー、印刷といった「敷居の高さ」を、ぐっと下げていくことに
挑戦し続けます。知らず知らず、デザイナーやコピーライターに遠慮をして、
言いたいことも言えないような。

そんな高い場所からではなく、真横へ。

でも、媚びるのではなく。
でも、ただのイエスマンになるのではなく、絶妙の。

パートナーを目指してまいります。

2009年、春。

そんな「還元」と「想い」を反映させるべく。
また、新しい試みが始まります。

会社前に、キャンペーンを告知する「のぼり」が登場予定(今週末~)。

 え? オリジナル名刺なのに、いいの?
 えぇ!? そんな個性的な封筒なのに、それでほんとに??

リアクションが楽しみです。

年度がかわるにあたって、新しい名刺や封筒、ご提案いたします。
相談のしやすさ、是非、ご体感ください。

神戸の前川企画印刷、これからも。

柔軟に、頑張ってまいります。

まずは名刺、封筒、チラシから。

試食のような楽しさを、どうぞ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

国鉄高砂線廃線跡 ~5月を選んで咲くつつじと転轍機

国鉄高砂線、高砂駅廃線跡。この場所で目を閉じて音や景色を想像するのが好き。 廃線跡に咲くつつじ。 5月に吹き抜けていく風は心地良い、まだ熱があって火照る身体を冷ましていってくれた。鮮やかな花たちは緑と …

no image

まだ誰も来ないオフィスでひとり。

トイレの鍵を閉めずに用をたす、そんなスリルを味わう男さ、俺様ってば。

no image

マウンドを譲らないエースのように。

肩の炎症を我慢して投げる高校球児のドラマ。 顎関節症を堪えて演奏する高校吹奏楽部員のバラエティ。 ・・・本質的には同じはずなのに。 顎を外さないように演奏した、青春の思い出。

水の都の昼下がり。

アスファルトが太陽に焦げて、まだまだ暑い大阪の街。川の眺めに、ひとときの安らぎを貰っているところ。 さて。

女性ロックバンドといえば。

女性ロックバンドといえば、やっぱりプリプリだけど、淡路島牛丼の卵は、それ以上にプリプリだと思うんだ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly