川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

不況という言葉の響きの中で / 5年目のスタート。

投稿日:

社長になって4期目を終了。
数字という結果だけを見た場合は、過去最高の一年になりました。

100年に1度の不況という言葉を言い訳にする人や会社が多かったことは、うちのような
小さな(そして若い人間ばかりの)会社には、願ってもないチャンス。
ネガティブな言葉を表に出して、お客様に不安を与えて、それで得られるものとは?

「不況で大変なんです」

それを平気で言える会社に、お客様は安心出来るわけがありません。

行列の出来るお店だから、次の行列が出来るのです。
閑古鳥の鳴くお店に、お客様は夢を抱いて、列を作ってくれるわけがありません。

その信念が、確信に変わりました。

有り難い一年だったと思います。

ただ、内容には満足していません。

見せ方・見え方の工夫はしてきましたが、自分たちを助けてくださったのは、やはり
たくさんのお客様とのご縁。

十分に感謝を伝えられたかどうか、責任を果たせたのかどうか。

見直すべきことは、たくさんあります。
そして、もっと働きかけていかなければならないこともあります。

6月30日のミーティングで「Now」という言葉を口にしました。

いつかやる、今度やる、ではなくて、今すぐにやっていくことをこれからの習慣にして
いかなければ、淘汰されるのだって、あっという間です。

覚悟を決めて、ここからの時間を過ごしていかなければなりません。

今年の正月に、「提案力」「計画力」「表現力」という3つの行動指針を打ち出しました。
後半は、ここに新たに「利益力」と「組織力」という言葉が加わります。

 メンバーには会計についての授業を開始 ― 利益力

 それを、メンバーの中で浸透させるためにはどうすればいいのか ― 組織力

 どんな風に必要とされるものか、あれば便利か、その裏付け ― 提案力

 実現のためには、いつ、何をするべきなのか ― 計画力

 お客様というファンを増やすために、どんな伝え方をすれば良いのか ― 表現力

これらの指針が根付いて、はじめて、次の人材を迎え入れる環境が出来上がってくるのだと
思います。そこから先の展開も、勿論、ちゃんと考えてあります。

追い風という偶発的なものではなくて、飛躍という必然的なものを得たい。

そのための努力を怠ることなく、5期目も気持ちを入れて、取り組んでいきます。

なにかが“ちょっと”ちがう、印刷会社、制作会社。
僕らのその、見せ方に。

やっぱり、注目をしていただきたいと願う、7月1日の朝なのでありました。
さ、がんばるぞー。

 #今日の乙女座は最低なんだそうですけど(-_-#

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

生まれて初めてサンタに出会えた夜。

UFOキャッチャーにてスヌーピーバスマットGet。めでた~い。

no image

死んでいなければ、生きていれば。

@水曜日 「生意気な奴め、ツラ貸せやコラ」、と言われたかどうかはともかく。 全兵庫経営研究集会で知り合った、東播支部のE社長から食事のお誘いをいただきました。明石の駅前の居酒屋と、とても雰囲気の良いバ …

no image

きっと君は、とても悔しかったね。

「蒸れない手首用のサポーターはありませんか?」 蒸れないように、マメに交換することをオススメします。 「わかりました、ありがとうございます」 ― 彼の無念を、僕は戦友の顔で承知した。

no image

これは花粉か切り過ぎた鼻毛のせいか

バス旅行の司会のことを考えながら、例会で報告する自分のこれまでのことを整理して、決算書作成のために必要なあれこれをサボりたい衝動にかられつつ、ライティング仕事の原稿を書き、結婚式の撮影に呼ばれては美味 …

no image

相手を敬う気持ちを忘れた批判はただの悪口

批判が人を育てるということはある。それでも、その批判は限度や節度、礼儀のあるものでなければならない。相手を敬う気持ちを忘れた批判はただの悪口。悪口は彼を彼女を追い詰め命を奪ってしまう可能性すらある。僕 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly