川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

桂歌丸師匠と行く朝の明石。

投稿日:

朝日だ、おはようです。

またまたまた、床落ちしてしまいました。
少し、微熱があったんですけど、これじゃ良くなるわけもない。

今日からの試み。

出先から「ぽにょー」だとか「食わねば」などを更新するとき、iPhoneから記事のアップを
行います。i.sbのアカウントではダメでしたが、MMSで送れば更新出来るようなので。

掲載する写真も、iPhone 3GSで撮影したものを使います。

二台持ちしていて、画素数としての性能は933SHの方が良いとわかっていても、写真を撮ろう
という気持ちにさせてくれるのは、やっぱり手軽なiPhoneなのです。
こうして精神的に敷居を低くしてくれるインターフェースって、やっぱり大事。

→blogで掲載する程度なら、iPhoneの画質でも十分すぎる程です(だと思う)。

ご期待下さい。 食わねばしまくります(違)。

さて、せっかく早起きしましたので、落語を聞きながらウォーキングでもしてきます。

いってきます。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

一生懸命に準備をして思い切り喜んだり悔しがったりすることを心は求めたがっている

今日が本番の楽譜を書き換えたり、お客さんにメールを送ったり、コピーを書いたり、経理仕事をしたり、電話をしたり、入札中のオークションが落札できたらいいなーと眺めてみたり。 脳みそのあっちこっちに光が灯っ …

no image

淋しいニュースだよ、いつも母校の風にいて。

コンサートは、やっぱり最高だった。自分の物差しを持って生きていたいと思う。 万人に理解される考えなど、存在しない。自分は自分であれ。 コンサートが終わって、母校の悪いニュースが飛び込んでくる。 電話や …

さくらんぼ、収穫。

おいしく出来ました。

no image

元気ですか? 元気です。 喪中なんて、関係ないです。

「印刷」の仕事に携わってこの時期、年賀状は勿論だけれど「喪中葉書」の依頼を良く受ける。   人が死んだら、喪に服さなくちゃならない。   喪に服してる間は、おめでとうだなんて不謹慎だ。 あぁ、でもね。 …

春は来るのか、春に行くのか。

春の来る前に、その人たちの気配はなくなってしまった。 ここに集った夢たちは、いま、どうしているのかな。会社をしていて、いつも怯えてしまう看板の一つでもある。 春を待つ、は、春を手繰り寄せると同義ではな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly