川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

桂歌丸師匠と行く朝の明石。

投稿日:

朝日だ、おはようです。

またまたまた、床落ちしてしまいました。
少し、微熱があったんですけど、これじゃ良くなるわけもない。

今日からの試み。

出先から「ぽにょー」だとか「食わねば」などを更新するとき、iPhoneから記事のアップを
行います。i.sbのアカウントではダメでしたが、MMSで送れば更新出来るようなので。

掲載する写真も、iPhone 3GSで撮影したものを使います。

二台持ちしていて、画素数としての性能は933SHの方が良いとわかっていても、写真を撮ろう
という気持ちにさせてくれるのは、やっぱり手軽なiPhoneなのです。
こうして精神的に敷居を低くしてくれるインターフェースって、やっぱり大事。

→blogで掲載する程度なら、iPhoneの画質でも十分すぎる程です(だと思う)。

ご期待下さい。 食わねばしまくります(違)。

さて、せっかく早起きしましたので、落語を聞きながらウォーキングでもしてきます。

いってきます。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

水槽前の午後はゆりかご。

今日も水槽をいじってみたり。 柔らかい水の音を聞きながら魚たちを眺めていると、夢まではあっという間。

no image

「僕はどうせ」と地に触れた冷たさを知る人は、同じ温度を知る人の気持ちになることができる

ペーパーテストが大の苦手だった。 高校入試の社会科の試験では「核家族」しか解答がわからなかったし、高校時代の通知簿は10段階評価で2をもらったこともある。これくらいの酷い成績になると数字も赤で印字され …

この海に和む僕と、この海に死んだ彼らと。

深夜、ホテルの大浴場で二度目の入浴。身体が冷めるまで、ベランダで波に耳を澄ませて。 同じ海で。 ほんの何十年か前に散っていった命がある。それを感じたくて訪れた知覧特攻平和会館。 海の音や夜の闇の深さは …

no image

つまり、渋谷は、神戸の六甲山だ

【神戸らしさ】 pic.twitter.com/jNxXrXwA0u — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年1月29日 海と山とがこんなに近い小さな街で、毎日、いろんな …

gooブログをWindows Live Writerから更新してみるテスト。

Windows Live Writterからblog更新への挑戦。 画像ってどんな風にアップされるんだろう? イメージしている通りに表現されたら、画像との連携が楽しくなるんだけどな。 さて。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly