川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

32歳の青くさい経営を、後半戦もどうぞ。

投稿日:

あの人はこちらがするほどはメールを送ってきてはくれない、だからきっと
自分のことを良く思っていないに違いないと、思い込んで、ふさぎ込んで、愚痴って、
足踏みしている人を見かけたら、シンプルに

 「じゃ、自分からメールし続けたらいいんじゃないの?」

と、簡単に言ってしまうから「冷たい」と言われることもあるんだろうけど、でも、
体温は36度2分で、人並みに温かい。

行動の選択は保留しない、YesかNoか。

Yesで失うものは何か。
Noで得られないものは何か。

それぞれ、許容出来るか否か。

シンプルに考えて、走り出す。
最初にリスクを許容しているのだから、恐れるものはない。

自分はそういう考え方をする人間なので、時々「論」や「率」、「統計」で
諭そうとしてくださる人たちとは、バッティングをしてしまうことがあります。

今の悩みは、それをくぐり抜けている時間が勿体ないということ。

様々な方の話のシャワーを抜けたところで、結局はYesかNoなのです。
そして、自分の最初の直感以上の答えが出ることはありません。

立場上、それを受け入れた顔をしなければいけない時もあります。
大人だから、そんな時間をも理解して、自分の糧としなければなりません。

わかっちゃーいるのですが。

理屈ではなくて、感覚の部分。
我慢できなくなっている自分がいます、難しい。

まず走り出したくなる自分がいるって。

青いと言えば青いのかもしれません。
でも、そんな若さがあることを自覚出来て、喜びも感じています。

大人ぶって、わかった顔して。

失敗という財産を得られないことの方が、今は勿体ないのだと。
そのことを十分、肝に銘じながら。

お盆明け、明日からの後半戦を。

一生懸命、走り抜いていこうと思います。

また、いい時間にしていきましょー!

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

一日遅れの。

誕生日ケーキをうちの社員が焼いてきてくれました。うまそー。 …ちなみに、男性社員です。

no image

末法思想にも似たFacebookのあれこれ。「前向き」とは。

前向きっていうのは「伝わる」ものであって「伝える」ものではないような気がする。度の過ぎた伝え方は「聞く耳を持っていないんだろうな」という印象を与えてしまうのではないだろうか。謙虚で聞く耳を持てる人のと …

no image

愛犬の悪性リンパ腫、治療の覚え書き。

3/13(水)夜。 食欲がないので、病院につれていく。血便は消化器官が荒れていることを示す。原因はステロイドによるものと考えられ、いったん、毎日のステロイド投与は休止。止血剤と胃の粘膜を保護する治療に …

no image

聴力を失った日

最後に曲を作ったのはいつだったろうと思い出しながら、無性に鍵盤に向き合いたい衝動にかられている。現実にはそんな時間はまるでなくて、理想とのギャップがただただ切ない。ストレスからくる耳鳴りは、とうとう、 …

no image

葬儀会場に向かう寝台車が黄色く染まった。

警:「規則ですから、フェアに取り締まってますから」 ば:「では、あなたの父親が亡くなったら、自宅から何百メートル先の駐車場まで、がらがらとお父様を転がして運んでいかれるわけですね?」 警:「・・・。誰 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly