川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

美しい国の、美しい僕でありたい。

投稿日:

明石出身なので、明石を元気にします!

そう主張する選挙ポスターにいつも違和感を覚えてしまう。

それは地方自治体の長たる市長が国に対して行うべき仕事であって、国政に出る人間が、
地元への利益誘導を堂々と行うようであっては、小選挙区制の本来の意味目的が歪んで
しまう。

でも、それを見て「票を入れてしまう人間」がいることも、また事実。

国政は目先のために行われるものではない。
慎重な判断を行って、その権利を行使したいと思う。

先日、金沢の寿司屋で見かけた女将さんは、背中に赤子を背負いながら接客を
こなされていた。働く女性の姿は本当に美しい。

「小さな子がいるから、働けない。子育てのため、国は支援を」

そんな考え方が、どうしても好きにはなれない。

むしろ、子どもがいるからこそ、男女を問わず働いて、納税を行って、子の
将来のために社会に政治に参加するべきではないだろうか。

今の年金・納税制度は、働かない女性を優遇しすぎていて、働いている女性を
不当に差別している。

権利を主張するよりも先に、国民の三大義務とは何であったかを思い出してほしい。

乱暴かもしれないが、「成人した」という理由だけで選挙権が与えられること自体、
問題があるのかもしれない。

働いている人の汗は、美しくて、尊い。

僕はそれが故、美しくありたいと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

眠る10分前のドアを開いて。

眠る直前の10分間は言葉の充電。 好きな句集や詩集など、さらっと読み流しては心地のいい眠りを期待することにしている。 勢い、この時間帯に川柳や、伝えたいフレーズも生まれやすい。 生産性を伴うなにかの作 …

iPhoneが極上の珈琲にする。

カフェなんて響きのお店は苦手。 普通の喫茶店も、iPhoneのカメラがこんな風にイメージを変えてしまう。 気分だけでも、カフェにいるつもりのブレンドコーヒー なう。

no image

「かつて」は優しくて、いつも帰りたくなる景色だなぁと思う ~波の音とひぐらしの鳴き声と

僕は昔から、自然音が大好きだった。夕暮れのテトラポッドに横になって、打ち寄せる波の音に耳を澄ます。うとうとしてふと気が付くと、一面に星が広がってその日のカタチをした月が挨拶をしてくれる。夜は静かに丸い …

マイスヌーピーコレクション

@三宮 大阪よりはやっぱり神戸が落ち着きます。

no image

怒られ役だとか、ムードメーカーだとか ~光は影に、影は光によって成り立つ

「あいつアホやなぁ」と「あいつアホをやってくれてるんやなぁ」の間にあるもの。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年4月11日 怒られ役だとかムードメーカーだとか。いろ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly