川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

一番温かいありがとうを貰える会社になりたい。

投稿日:

寝る直前、起きてすぐ、そして、数時間ごとに必ず。
つまり、起きている間中ずっと。

「前川企画」「ブロガー名刺」というキーワードで検索を繰り返しています。

夜中に眼が覚めてしまうことも、よくありますね。

顔の見えないお客様が、たくさんいらっしゃいます。

だから、どんな風に私たちの商品とサービスを受け止めていただいたのか、
いつもずっと、気にしています。気になります。

お褒めの言葉をいただくこともあります。
お叱りの言葉をいただくこともあります。

「お客様とのキャッチボールも、商品の価値に含まれているものだから」

そのことは、いつも何度も、社内のミーティングで繰り返しています。

だけど、どうしても。
温度の伝わらない対応になってしまって、せっかくお申し込みいただいたお客様に、
質の高いサービスを提供出来ず、がっかりさせてしまうようなことも増えてきました。

心苦しいです、本当に申し訳ないです。

経営者である自分がどれだけ立派なことを伝えたところで、それがメンバー全員に
浸透していなければ意味がありません。

一人の表現者であると同時に、自分は、組織を代表する立場である者。

いま、こういう問題を抱えつつあることを、ひた隠しにするのではなく、逆に、
こうして公言することで、お客様に、もっと気軽に「指摘」していただける組織に
していこうと思いました。

その指摘を受けて、成長して、ご縁を、より温かなものに育んでいく。

それが、理想だと思うのです。理想としなければいけないのです。

問題の多い組織です。

数字だとか、付き合いだとか、知識だとか、技術だとか。
仕事をしていく上で、身に纏うべきものに時間を費やしている間に、大切な何かを
見失い始めていました。

その、危うい傾向を。

複数のお客様から、ご指摘いただきました。
配慮に満ちた、とても優しいお言葉で。

そっと、教えていただきました。 涙がこぼれました。

こたえなければ、嘘になります。

お客様の気持ち、伝えていただいたその熱意にこたなければ、
自分は、自分たちは、ダメになります。

お叱りとご意見をいただけるうちが、華。

もう一度、しっかりと、メンバーと向き合って、誰がどのお客様に対応したとしても、
当たり前に「ありがとう」と言っていただけるような。

そんな「にんげん」を育てていきたいと思います。

経営者である、自分からの約束、そして、感謝。

より一層、覚悟を決めて臨んでまいります。
プロセスと結果で示します。

どうか、これからも。

厳しく、私たちを見守っていただきますよう、お願い申し上げます。

ありがとうございました。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

秋の季語であるヒグラシは、夏の始まりからずっといるということ ~カタチのない音や匂いに

神戸市西区の如意寺で収録したヒグラシの鳴き声。 物悲しい鳴き声は秋の季語にもなっているが、神戸あたりでは、少し山間に行けば7月の初めくらいから聞くことができる。この動画は2016年7月23日に撮影した …

癒しを求めて。

水槽探し中。

高く高く、空へ空へ。

あーちゃんを空へ、見送ってきました。 先に待ってくれている3匹の家族と、父親と。穏やかな時間を過ごしていてほしいものです。 ありがとう、と、寂しいの。 ただ、繰り返し。大きな存在でした。

no image

anyな表現はダメでも、anyな自分たちではいたい。

Bブロック会。 昨日も、同じ「書く」立場の人のセミナーがあったという話を聞いていたので、それを意識しなかったといえば嘘になる。両日とも参加された方からは、比較して、良かったこと・勉強になったことなどを …

no image

『付加価値』という言葉に踊らされ始めた経営者たち。

新しい業務相談、続々。 突き詰めていくと、「自社(自分の店)の強みは何なのか」に対する表現力が乏しくこの軸が決まらないことで、全体の士気やベクトルにも影響が出ていることが多い。 経営や商売を始めてしば …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly