川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ことばを遊んで遠回り  ― 真夜中のストレス解消。

投稿日:

【偶然】

(1)何の因果関係もなく、予測していないことが起こること。
思いがけないこと。また、そのさま。

こんな風に定義される「偶然」ではあるけれど、生きている時間が長くなって、
出会う人が多くなってくると、必然的に「様々な事象の起こりうる分母」は大きくなっていく。

分母が大きくなれば、確率論として、分子同士の遭遇率も高くなるに違いない。

ま、結局、出会いを広げていけば、同じヒントを使い回して解決出来ることも増えて、
仕事の効率も良くなるよねーっていうことを言いたかっただけらしい。

偶然は必然。

5文字で済むことを、遠回りする。

これもまた、分母を大きくするための道の一つ(なんてことはなく)。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

悪性リンパ腫の闇を抜けて。

ひたすらプログラム。 ようやく、大きな山を越えた感じ。細かい問題を潰して、微調整していけばゴールは見えてくるのかな。 そして今度は、その作ったシステムで表示する莫大な量のデータを入力していかなければな …

no image

「ポエム化」という言葉を使われることで、傷つく世界の人たちに

詩を詠う人間としては「ポエム化」という言葉を快く受け止めることができない。 たとえばスポーツ、たとえば音楽。人それぞれに趣味やライフワークと呼ばれるものがあって、自分の愛する世界の言葉が、誰か何かの批 …

首に肩に腰に。

自宅に持ち帰って、まだまだ入力作業中。 甲子園の球児ばりに、全身冷やしながら仕事しています。一級入魂、全力投球!

no image

机の上にある数字か、振り返るとある笑顔か。

火曜日、同友会の運営委員会。 色々あって、発表することにしていた内容を急きょ変更してみたものの、語尾の弱い話し方になってしまって、不完全燃焼だった。機会あれば、もっと直球で話してみたい。 委員会では、 …

進むか、待つか、食べるか、寝るか。

悩ましいところです。 暇なので、兼六園で食べた兼六だんごなど。目下、消化中であります。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly