川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会

どうなりたいかはわからなくとも、こうなりたくないとは決める。

投稿日:

Kさんとランチをいただきながら、支部の会員拡大ミーティング。

経営者と呼ばれる人たちの「考え方」を議論する。
結果、「自尊心をくすぐる」作戦でいくことが、一番効果的なのではないかという結論。
それに基づいたペーパー作りと、そのための取材を行うことにした。

ところで「知っていただく会」という名称は、へりくだり過ぎだと思っている。
横並びの表現でいいのではないかと思うし、西神戸支部は、独自色を出していきたい。

某氏(西神戸支部以外)のことを何故好きになれないのかわかった。

デリカシーがないからだ。
とある日の発言の数々を思い出していて、納得。

社員さんは、どんな気持ちで働いているのだろう?

反面教師に、認定。

Google

Google

-同友会

執筆者:


関連記事

憧れの箱、来春の同友会卒業例会に向けて

来春の同友会青年部、卒業例会会場であるチキンジョージさんで打ち合わせ。音楽をやる人間にとって憧れの箱のひとつ。卒業にふさわしい演出と進行を考えなければいけないのに、自分が演奏しているイメージばかりを考 …

no image

「動員目標」という言葉を使ってしまう危うさ ~ノルマと目標の違い~

月末や年度末が近づくと「同友会 退会」というキーワードで検索からやってきてくれる方が増えてきます。 「同友会 退会」というキーワードで2~3位あたりに表示されるうちのブログ。改めて読み返してみると「わ …

no image

こんな時代の伝わる経営指針書へ ~ 綴る毎日を。

先代社長の前川さんが事務所を覗いてくださいました。 時々、ご自宅に寄せてもらっては、会社の現状などをご報告させて貰うのですが、やはり、事情と心情をよく理解して下さいますので、話していて、ほっと出来ます …

同友会の仲間を増やす西端と知花の旅「株式会社大伸さん編」。

兵庫駅近くの株式会社大伸さんにお邪魔してきました。 印刷や包装事業などに取り組んでおられますが、 うちの会社とは比べものにならないくらい、大きな会社さんでした。 三代目の石坪さんは、去年の春に社長に就 …

no image

川柳を通じて学ぶ、経営に生かす言葉のチカラ ~能見さんに感謝

先日同友会で「川柳を通じて学ぶ、経営に生かす言葉のチカラ」というお題で発表したところ、こんなレポートを能見さんがまとめてくださっていた。準備も含めて、費やした時間が報われるのは何よりもこういうリアクシ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly