川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

親が子に残してあげられるのは。

投稿日:

高校時代に作った曲を久々に演奏してみると、 あまりに指が動かなくて泣けます。

「親が子に残してあげられるのは、教育だけ」 – 母によく聞かされたことば。
20年もずっと、ピアノのレッスンに通わせてくれました。

この財産、伸ばすことは出来なくても。

せめて、現状維持でいられるよう、意識して練習はしていきたいものです。
忙しいから、は、時間を作ることの出来ない人間の言い訳でしかないはずなのです、きっと。

IMG_0736

写真、何十枚と撮影して、意味ありげに写っているのは、ほんの数枚(笑)

でも、面白いですね。
見上げて、見回して、何かないかと、レンズの向こう。

この年齢になって新しいことが始められるのは、幸せなことだなーって思います。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

夏は夏を緩めずに。

川面の風をいただきながら。 夏のまんなか。鉄橋の二両編成をのんびり眺めながら、靴紐を緩めている。 ときどき必要になる、こんな時間、こんな景色。

出石皿そば。

食べてこそ旅情。

イチローが愛した海老カレー丼。

@明石・あずまや

no image

ピアノと言葉と脳みそと。

集中力なんて、そんなに長続きするわけもなく。 週末に自宅で仕事をしている時などは、時折気分転換に2階の部屋に置いてあるキーボードとにらめっこ。 適当に指を遊ばせていると、浄化されていく自分を感じて、ひ …

no image

四季を巡る、それぞれの僕でいる。

春、暖かくなってきたのでさっぱりと刈り上げで。 夏、この暑さに負けないように短く刈り上げで。 秋、過ぎていく夏の背を惜しむようやっぱり刈り上げで。 冬、寒さに負けない自分を主張するべく夏のような刈り上 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly