川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

約束をするピアノ。

投稿日:

ローランドのデジタルグランドピアノ新製品を試奏させていただく機会がありました。

p_index_rg3f[1]

いい音、いいタッチ。
そしてコンパクト。

ピアノへ、という身構え方をする必要がなく、気軽に音符に飛び込める感覚。
音符を身近なものにしてくれるアイテム感が嬉しくて、思わず値段を聞いてしまうほどでした。
(買えませんけど^^;)

3才になる前から、父と母は、ピアノを習わせてくれました。

親の期待を裏切ってはいけないという気持ちから、義務感で続けていたような時期もありましたが、
良質な教育をしてあげたいと無理をしてピアノを買ってくれた話は、今聞いても胸が熱くなります。

商売がしんどくて、生活が苦しくて、でも、そんな時でも、ずっとピアノは手放さないでいてくれた。

実家に帰って、ピアノを見るたび、そんなこれまでのことを思いだして、
今ある自分の「おかげさま」を意識することが出来ます。

9月14日、父の誕生日でした。

その二日後にひとつ大人になる自分のことを仏前で報告。
感謝と、これからのよろしくを。

そして、いろんなお仕事のお話をいただけるようになったことは、やっぱり、父と母の与えてくれた
たくさんのチャンスがルーツになっていることを改めて。

始まりのピアノ。

想いあるものを奏でるように表現して、伝え残していくことが自分の仕事。
34才という一年も、この気持ちを大事に、ひとつひとつを取り組んでいくことを約束して。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

Panasorac – 工業地帯の風。

尼崎、気持ちいい風が吹いています。 空が優しすぎる。静かに過ぎて行く一日。

待ち合わせ中。

目印はたぬき。 どっちがたぬきか区別してもらえるんでしょうか(汗)

きょうの命は、だれの命のために。

毎年恒例の柿狩りに行ってきた。 近所の空を、飛んではいけないものが飛んでいても、 外を出て歩くだけで倒れてしまうくらい、とても暑い夏であっても、 ちゃんと、カレンダー通りの色に、山は流転していく。 今 …

no image

ハサミと包丁が飛び交う兄弟喧嘩 -健康保険証を求めて。

古田選手のblogを読んで。 ワイドショーと報道番組の垣根が確かになくなってきているように思う。節操ないというか、くだらないというか。 若貴がどうしたの、こうしたの。 テレビ、それも、報道番組の役割っ …

スズメの子、そこのけそこのけ

じゅにあが通る。 わての行く道は、誰にも止められんでよ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly