川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

僕たちという複数で紡ぎたい、この気持ちは。

投稿日:

円のために生きるのではなく、
縁があるから生きているのだと、

いまの足元を、常に。

自分のような人間を、助け、支え続けて下さった方がいる。
ひとり、ふたり、数は限りなく。

温もりを思い出し、優しさに触れ、厳しさを知る。

生きていくことは、働いていくことは、一生勉強で、
勉強とは、自分たちが謙虚になるためにあるものだと思い知らされる。

足らないものを知るばかり。
温度を与え続けてくれるものは、大きくなるばかり。

毎日、自分は生かされている。

涙のこぼれそうなほど、そんな、感謝の気持ち。

今日もありがとうを言えたこと。
それを、幸せに思えること。

そんな、自分たちであること。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

大人たちの会議、青春たちの合奏

同友会の会議は、三宮を中心とした神戸市内で行われることが多い。所属している委員会では、一年に一度だけ尼崎で会議を行うことになっているのだけれど、去年はそれが、会場の都合で流れてしまっていたのだった。今 …

物件引き渡し。

本日正式に所有権移転。 気兼ねなく出入り出来るようになりました。極力物は置かないようにしていきたいと思います。

no image

羽ばたいて飛ぶ「たこ」/兵庫の企業が今秋発売へ

羽ばたいて飛ぶ「たこ」/兵庫の企業が今秋発売へ 明石のたこ日記としては一応この話題に触れておかねばなるまい。 …と、書こうとしてね。 あぁ、「たこ」て、あの「たこ」かぁ、と納得。 内容、良く読むべきで …

no image

将来はお茶飲み友だちになろうぜー、と、約束した彼の。

6月16日土曜日、本日。 島根県は出雲大社まで行ってきます。目的は、当社のデザイン担当 @shigepyo の結婚式に出席するため。(本格的な披露宴は秋に、神戸で) 奥さんとなる彼女は、元々は、うちの …

no image

僕は相も変わらず、41歳を生きていきます

41歳になった翌日は、車は傷付くわ、頭上には台風の目がやってくるわ、散々な一日だった。 段差を走行していたら、車の底面のカバーみたいな奴がめくれた。受難続きなのである。 — 西端康孝 / …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly