川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

僕たちという複数で紡ぎたい、この気持ちは。

投稿日:

円のために生きるのではなく、
縁があるから生きているのだと、

いまの足元を、常に。

自分のような人間を、助け、支え続けて下さった方がいる。
ひとり、ふたり、数は限りなく。

温もりを思い出し、優しさに触れ、厳しさを知る。

生きていくことは、働いていくことは、一生勉強で、
勉強とは、自分たちが謙虚になるためにあるものだと思い知らされる。

足らないものを知るばかり。
温度を与え続けてくれるものは、大きくなるばかり。

毎日、自分は生かされている。

涙のこぼれそうなほど、そんな、感謝の気持ち。

今日もありがとうを言えたこと。
それを、幸せに思えること。

そんな、自分たちであること。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

神戸元町商店街にある弟の店、CHILDREN WILLにて

神戸元町CHILDREN WILLは弟のやっているお店。 いつかそのうち、唇が西端だらけになるんじゃないかと心配になった。いかにも西端家クオリティ。

神戸旧居留地。

納品中。

no image

おにぎり3つで断念。

ファミマのおねーさんに貰ったおにぎり4つ。 晩飯代が浮いたわいと、一生懸命食べたものの3つで満腹。同じ味ばかりでなければ、もっといけたかもしれんが。 ぎぶみー あなざーわん。

犬や猫のためにある踏切

犬や猫のためにある踏切。 実際は違うんだろうけど。 相手の高さに合わせる、相手がどこから見ているか考える。そんなことを学ぶのも、犬や猫のためにあるのだと思うのも自由。犬や猫のための踏切警告灯なんだと考 …

日焼けした皮が剥がれていくような。

この広き空のした。 笑っている人もいる、泣いている人もいる。明日に希望を持つ人もいる、昨日に悔いを残している人もいる。 自分の心を空に浮かべて。 ひとつふたつ、笑えるものを紐解いてみたり。みっつよつ、 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly