川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

本を読んで柔らかくなる人、本にもたれて固くなってしまう人。

投稿日:

「育てる」という言葉は、自分に驕りが見えるようで出来るだけ使わないことにしている。

人は元来、育つもの。
育つためのきっかけやヒントをタイミング良く与えてあげることが、リーダーの仕事。
リーダーは、リーダーである自分をどれだけ我慢出来るか。

これが、自分の考える「組織力」において必要な意識。

本、本屋さんにヒントを得られる人は、柔らかい
本、本屋さんに依存してしまう人は、固い。

この微妙な違いが、人を魅力的に見せるかどうかという一つの基準だと気づいた。

僕たちは採用する側で考えるとき、即戦力なんてことはこれっぽっちも期待していない。
なぜ面接をするのかというと、困難や未知に遭遇したときの「即応力」を判断したい
からなのだろうと思う。

いかにも本で知ったような。
いかにも勉強してきたような。

「固さ」は、人の魅力を削いでしまう。

読んだ本の数や得た資格、勉強している内容の主張には、実はあまり興味がなく、
それらをヒントに、自分の「足らず」や「柔らかさ」を認められる人に、可能性と、
人間としての魅力を感じることが出来る。

勿論、知識を否定しているわけではなく、
知識はあることを前提として。

「教科書を知った上で、教科書を破ることの出来る人」
「知っていることを、知らない顔で聞くことの出来る人」

そんな柔らかさを、引き続き、心新たに求めていきたいと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

動物たちに触れると眠たくなる、一緒にいると気付かなかった犬たちといる生活の効果

僕にはトラウマがある。 ある日を境に、檻の向こうに行ってしまって。体温の失われていく命の重さだけは、よくわかっている。 引用元:ある日を境に、きみは檻の向こうへと行ってしまう命だった。 | 川柳をこよ …

僕の真ん中にあるもの。温かいもの。

「ジュニア」と書くのか「じゅにあ」と書くのか。そういえば我が家のルールはどうなっているのだろうと確かめたら、弟は、最近お気に入りのこんな呼び方で診察券を作っていた。 日曜の夜からステロイドの量を増やし …

懐かしい景色。

@神戸ワイン城 先週に引き続き今日も先代のM社長にお会いしました。のんびりと、心を休めています。

no image

生まれて初めて食べた「ちりとり鍋」

生まれて初めて「ちりとり鍋」というものを食する。 ちりとり鍋とは、ちりとりの形に似た四角い鍋を使うことに由来した料理。大阪に住む韓国の人たちが、日本のすき焼きに満足できず、生みだした料理ということだ。 …

no image

光の先の液晶テレビ、生活は変わるかな。

我が家の通信環境も無事、光になった。 もっとも、会社ではすでに光の環境で繋がっているし、自宅でも、これまでのADSLの環境に不満を感じていたわけでもないので、体感的に大きな差は感じられていない。 プロ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly