川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

地震のおかげで、あんたに逢えたんやなぁ – 神戸らしく、大人らしく。

投稿日:

阪神淡路大震災の時、僕は大学受験生だった。
瓦礫の街、受験地に向かうため代替バスを待つ僕を、周囲の人は
風邪を引いてはいけないからと、声をかけあって先に乗せてくれた。
京都の宿舎に着くと、ホテルの人がパンを差し入れてくれた。

救援物資を運ぶボランティアの人たちに、父は店にあったカバンやリュックを
全て供出した。こんな時だからと、父は何度も繰り返した。
父は少し照れた顔を浮かべながらテレビ局の取材を受けていた。
父はそして嬉しそうに、当たり前のことだと話をしてくれた。

炊き出しのボランティアに行った。
体育館にいたおばあさんは「こんなことなら、死んだら良かった」と、僕に涙を
流しながら話をした。一緒に泣きながら、僕は全身をマッサージしてあげた。
おばあさんは言ってくれた。「地震のおかげで、あんたに逢えたんやなぁ」

― 東日本大震災、2011年3月11日。

返すときが来たのだと思う。
あの時、子どもだった僕も、今はもう大人になった。

形で示そう、心を添えよう。

お金を贈ること。
経済的な復興を支援するために、被災地のモノを買うこと。

まずはそれから。
まずはそれを続けること。

約束を公言して、自分を縛る。

大人らしい、経営者らしい、出来ることをする。
神戸に関わる人間らしいことを、する。

やる。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

かまど地獄一丁目。

no image

四季を巡る、それぞれの僕でいる。

春、暖かくなってきたのでさっぱりと刈り上げで。 夏、この暑さに負けないように短く刈り上げで。 秋、過ぎていく夏の背を惜しむようやっぱり刈り上げで。 冬、寒さに負けない自分を主張するべく夏のような刈り上 …

時々はこんな本も読んだりしています。

研鑽研鑽…。 上手でなくてもいいから、伝わる日本語を心掛けていたいと思います。 さて、一番『伝えたい』ものとは?

鹿児島天文館 なう。

散策中。運転に疲れました。

泡盛と沖縄料理。

うるま島@板宿駅近く。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly