川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

鼻で笑っただろうな、そして僕は、横で怒ってる。

投稿日:

商売人だった父に、商売のことを語る。

命日、仏壇前は励まされ、立ち位置を確かめる場所。
たくさん泣いた。

3年経っても、まだ、こんなに逢いたい自分がいた。

父の生きた、神戸を歩く。

街は、どんどん表情を変えている。
横にいたら、どんな風に、この景色を声に出しただろう。

神戸の観光資源であるはずの夜景は、無意味な自粛の、闇のなかに。

きっと、鼻で笑っただろうな。
そして僕は、横で怒ってる。

温かなスープも、屋根の下の暮らしも、
全てが元通りになっていくためには、経済があってのこそ。

お金をまわしていくことも、また、「僕たちの出来ること」。

お金を使わないことで、死ぬ人もいる。
僕は、人殺しにはならない。

日本を殺さないための出来ることを、継続していく。

たくさん、たくさん泣いた。

父さんへ。
今日までの僕と、今日からの僕を、

いつもずっと、ありがとう。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

そして誰もいなくなった。

帰りの山陽電車。

満開のさくらんぼ。

心癒され中。

短歌入賞のとても丁寧な賞状と記念品をいただいた! 八百津町に行ってみたくなった!

先日この記事で、短歌で賞をいただいたことを書きました。 八百津町杉原ウィーク2015短歌大会、佳作入賞しました! 嬉しいよ! | 川柳をこよなく愛する明石のタコ あいにく表彰式には出席できなかったので …

no image

言い忘れてました、9月16日は。

9月16日は、ばたさん28回目のバースデーです。 いえいえ、そんな皆さん、どうぞ気など使われませぬように。気を使うくらいなら、お金を使ってくださいだなんて。 あぁ、本音がっ(汗)

no image

壊れたように泣いた、何故。

分かれ道があって、二択。 選んだ先に宝箱があれば、正解なのだろう。けど、選ばなかった先の景色は、ずっと後ろ髪に結ばれてしまう。 恐れるよりも、行き止まりなら行き止まりを知りに行こうとする勇気を認めたい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly