川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会

同友会の仲間を増やす西端と知花の旅「神戸市垂水区つつじが丘動物病院さん編」。

投稿日:

はい、宝物。
じゅにあ、かもーーーん!

IMG_0362

らぶりー!!

わたくし、ご存知の通り犬が大好きです。
これまでの人生、何度も犬に助けられてきました。
たくさんたくさん、犬に癒されてきました。

いつか将来、犬たちに恩返しの出来る自分でありたい。

IMG_0479

そんな気持ちで、会社前にはこんな幟(ノボリ)を掲げております。

さて。
犬は家族であり宝物。
そんな自分にとって、動物病院さんの選び方・お付き合いは本当に大切。

今回は、神戸市垂水区に「動物たちに挨拶しましょ」をモットーにされている、
温かく優しく柔らかい病院があると聞いて、早速、知花くんとお邪魔してきました。
(紹介者の岩松さんに感謝!)

IMG_4172

つつじが丘動物病院さん、お世話になります!

あのですね。
いや、行ってみて、驚きました。

これまで、西端がお世話になってきた動物病院さんは、すべて「先生が一人」だったわけです。
ところが、こちらの病院、なんと先生が7人もいらっしゃいます!
しかも、交替での勤務体制になっているため、土日祝日も診察されています!!
これは安心。

「獣医の都合に合わせて治療をするのではなく、動物たちの声を聞きながら、ご家族の不安を
解消しながら診察にあたっています。いつでも対応出来るように携帯電話を持ち回りしていますので
夜間でも、何かあれば気軽に相談に応じられるようにしていますよ」

な、なんと夜間まで!

そう、家族が病気の夜は、本当に長いのです。
動物たちは「痛い」とも「苦しい」とも言葉にすることが出来ない。
それに気付いてあげて、適切なタイミングで病院に連れていくこと。

これは僕たち飼い主の大切な役割なわけですが、一方で、先生や病院に対する遠慮があって、
いつもこのタイミングと連絡に躊躇してしまいます。

「動物たちの声を聞いてあげたいんです、そして、その声に責任感を持って向き合ってあげたい」

これ、本当に頼もしい一言ですよね。
ここは治す場所でもありますが、それ以上に家族を託せる場所なんだなって、
今まで一緒に過ごしてきた犬たちのことを思い出しながら、感動してしまいました。

院長の小森先生、夢ってあるんですか??

IMG_4126

「臨床の獣医師が、獣医を育てていくという社会システムを作りたいんです。
知識や技術があるから医者なのではなく、声を聞くことが出来るお医者さんを。
プロである以上、知識や技術は当たり前。現場で大切なことは、コミュニケーションの仕方を
考えることだと思うんですよね」

― 先生はもう、それを実現されているのではないですか??

「いえいえ、まだまだ井戸の底のカエルです。でも、井戸の底にいるから、青い空が見える。
自分が転けても、自分の生きた社会は残るわけですから。そういう仕組みが出来上がっていくと、
存在した価値もあるというものですよ」

カ、カンドー(涙)

IMG_4149

子どもの頃にお世話になった獣医の先生に憧れ、ご自身もこの道を志したのだとか。
一生懸命勉強され、大学も優秀な成績で卒業されたのだそうです。

ちなみに西端は、卒業式の一週間前まで、卒業出来るかどうか怪しい状況でした(汗)

IMG_4152

せ、せんせ!
これって、もしかして「CT(しーてぃー)」って機械なのでは?
動物病院にこんなの、置いてるんですか??

「兵庫県全体で見ても、実際に導入しているのは数えるほどですよ。
動物と、そのご家族の不安を取り除くために大切なことは、適切な治療と的確な判断。
最新の技術を採り入れながら、ちゃんと、命たちと向き合う。そんな病院でありたいですから」

IMG_4153

いや、知花くん。
笑ってる場合じゃないよ。

スケールで対比してもらってもわかる通り、この機械、人間用に作られたものなんだそうです。
16列マルチスライスCTスキャン導入の動物病院、凄!

(※余談ですが、この機械の導入費用を聞いてびっくりしました。経営者的目線で色々聞いてみましたが、
どう考えても、機械の耐用年数の間にペイするものではありません。純粋に、動物と、その家族を
思えばこその導入であることがうかがえます)

IMG_4148

同友会の説明をする知花くんの話にも、小森先生はじっくり耳を傾けてくださいました。

語るためには、聞くこと。
人としての基本が、その姿勢から伝わってきます。

「動物たちを撫でなさい、抱っこしなさい、挨拶をしなさいと、うちのスタッフたちにはいつも
話しているんですよ。病院のなかに委員会を設置したり、定期的に勉強会を行ったり・・・。
いつも最良でありたい、いつも善良でありたい、そんなスタッフの集う場所を目指したいんです。
1つの分野に特化するのではなく、あらゆる分野に80点の知識と技術で精通していれば、
きっと、”ここなら家族のすべてを診てくれる”という気持ちで、病院のドアを開けてくれるんじゃ
ないかな、、、なんて思ってますが、犬の大好きな西端さん、どうですか(笑)」

センセ・・・。
もう、僕がセンセーに、全てを捧げたいですよ、ぽっ・・・(惚)

IMG_4163

笑顔の素敵なスタッフさんたち。
休憩中、お食事中のところに割り込んで「一枚撮らせてください!」とお願いしてみました。
家族を安心して預けられる場所、だからこそ、この笑顔たち、何がなんでも紹介したかったのです。

ちなみに、メンバーの一員であるプリンちゃんは、この時お昼寝を邪魔されて不機嫌な様子。
あぁ、でも、そのぶちゃ不機嫌な表情が、めっちゃくちゃらぶりー(だからこの写真を最大サイズでどーん)

IMG_4174

多忙を極める小森先生、ですが、いつかきっと。

同友会にもふらっと立ち寄ってくださるのではないかな、という気がしています。
動物たちに向き合う気持ちは、僕たちが、お客さんに一生懸命になる気持ちのまんま。

対価を得るということは、その道のプロフェッショナルであることは当然。
プラスαの価値を、自分に問い、表現していくこと、伝えることが、もっともっと大切なことなのだと
先生から、心に響く薬をもらってきました。ほんとうに貴重な時間、感謝です。

小森先生、スタッフの皆さん。
温かい時間、ありがとうございました。
動物たちをもっと愛していくことが出来そうです、生き物たちにも、感謝!

つつじが丘動物病院
〒655-0853 神戸市垂水区つつじが丘4-1389-31
電話 078-704-5010
地図はこちらから

Google

Google

-同友会

執筆者:


関連記事

no image

「動員目標」という言葉を使ってしまう危うさ ~ノルマと目標の違い~

月末や年度末が近づくと「同友会 退会」というキーワードで検索からやってきてくれる方が増えてきます。 「同友会 退会」というキーワードで2~3位あたりに表示されるうちのブログ。改めて読み返してみると「わ …

温度と思い出を共有していく熱い仲間たちと ~チキンジョージでの最高の夜を過ごして

チキンジョージでのイベントを無事に終えることができた。とても盛り上がった。来ていただいたみなさんに、舞台に立っていただいた方々にたくさん助けていただいた。心から感謝。 イベントの作り込みに、何か月も前 …

no image

「離婚した理由はDVです」と伝え続けるブランディング

「離婚した理由はDVですって言っておけば、おっさんどもは釣られてくれますよ、それもブランディングです」という強烈な闇を見た。生きていく方法も人それぞれ。願わくは「釣り続けてあげてほしい」。シンデレラを …

ちっちゃいおっさんと参加する中小企業家同友会の会議と、明石駅前の再開発と。

ちっちゃいおっさんと参加する中小企業家同友会青年部の委員会。 経営者の集まりである同友会、会そのものの運営について論じる機会が多いのは当然のことながら、この組織運営の方法をいかにして自分の会社の経営に …

no image

こっち側の当たり前があっち側の当たり前であるとは限らない ~クオリティと姿勢に問題のある同業の人たちと関わって

同じ印刷業界だから事情がわかって寛大になれることもあるし、その逆もある。 自分がライティングや取材で関わっている冊子の編集委員会には、ある印刷会社の人も来ているのだけれど、せっかく会議に参加していても …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly