川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

木々に優しく、明石公園。

投稿日:

森をよけて。

そして空へと伸びていく。

それぞれの境界を守りながら、それぞれを生きて。
かくありたいと、木洩れ日の束の間。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

明石には明石を横断する。

浜の散歩道ってのがあるんだ、ポニョ。 端っこまで行けるかな。目指せ東二見、15キロコースだよ。

生きていた証、今はいないという空虚感。

32歳ガン漂流エヴォリューション/奥山貴宏 blogを一通り読んで、本を読んでみたくなりました。文字を通じて生前の作者に対峙しています。どれだけ生きたかったことだろう? 彼の見た景色は今も変わらないま …

日焼けお化けが現れた。

高校時代、授業をさぼって昼寝した砂浜だよ。横になって寝たから、身体半分日焼けしたんだ。 寝相って大事だよ、ポニョ。

no image

松山千春が人を殺さない理由。

― 人間が人間である限り、人を嫌いになるのは当たり前。だけど、その存在を否定することと、人を嫌いになることは意味が違う。 「なぜ人を殺してはいけないの?」 子供に聞かれて、答えられない大人がいる。答え …

踊り場を抜ける失敗

トラブル対応で京都まで。 アクセルに疲れてしばし休息。渋滞のないままにやって来ることが出来たのが不幸中の幸い。 商売だから利益も大事なんだろうけれど、それはあくまで結果として残るもの。商売だからこそ、 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly