川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

木々に優しく、明石公園。

投稿日:

森をよけて。

そして空へと伸びていく。

それぞれの境界を守りながら、それぞれを生きて。
かくありたいと、木洩れ日の束の間。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

社員のiPhone所有率が100%の神戸の会社。

お盆休み前の死ぬほど忙しいモード、一段落・・・ と、なるはずが、嬉しい悲鳴をアゲアゲ中です。たくさんの方に応援していただいて、嬉しい限り。 休みは休みでちゃんと休息を取りますが、その前に、出来るだけの …

五十鈴川にて。

心を清めております。

山陽電車の廃線跡 〜踏切の音が鳴り続けているような気がした

この線路を地上を列車が走ることは二度とない。 在ったものがいつか無いことが当たり前となり、この線路がどんな風に役に立ったのかということは、記憶と記録によって語り継がれる。線路と人生は似ているなぁと思う …

no image

「僕はどうせ」と地に触れた冷たさを知る人は、同じ温度を知る人の気持ちになることができる

ペーパーテストが大の苦手だった。 高校入試の社会科の試験では「核家族」しか解答がわからなかったし、高校時代の通知簿は10段階評価で2をもらったこともある。これくらいの酷い成績になると数字も赤で印字され …

no image

失敗とチャンスは表裏一体 ~障害という個性に同情をしたのではないのだから

耳の聞こえない作曲家。その楽曲を実際に作っていた新垣氏が、一時は大学を辞めることになったものの、学生たちの署名活動により処分が保留になったというニュース。いい話。 ゴースト新垣氏 学生が退職反対署名活 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly