川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

裏人生を歩むのは、もう止めよう。

投稿日:

後ろ前、裏返しというプロセスを経た今朝のシャツのせいで、機嫌がよろしくない。

「行動経済学によりますと」なんて語る僕はシャツの前後の区別もつかないし、「コトラーさんの考えた標的市場ってのはつまり」なんて説明しようとしたところで、所詮はシャツの裏表の区別もつかない男なのである。ついでに言えば、首のあたりにはバンテリンをたくさん塗っているし、そもそも、お客さんのところでそんな小難しい話はしない。

「ばたさーん」と声のかかるたび、シャツの裏表を指摘されるのではないかと恐ろしい気持ちになる。シャツ一枚に大きな影響を受ける僕のメンタル。兎にも角にも、機嫌がよろしくない。

温かいコーヒーを飲んで、自分を取り戻す。そして、裏表のない接客を心がけようと決めた火曜日のこと。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

一日の仕事を終えたキリン。

@明石 波の音に耳を澄まして、沈む夕日は遠く優しく。明日はどんなかな、と雲の流れ。 きゅーっとする、胸のあたり。晴れますか、雨ですか。 一番星、アタマノマウエ。

no image

ドラクエが川柳作家の前にあらわれた!

ご褒美を作って、とことん川柳モード。 悩み抜いて、15日までの締切に間に合ったー。そして、いま、この瞬間の達成感。 さ、少しだけ、勇者になってみようかな。 朝、ウォーキング、大蔵海岸は、今日から海開き …

帰宅したらすぐに点ける暖房。

パワー全開。

no image

生まれられなかった、だけど、生きたことを。

繰り返し震える携帯電話。 メールを読み、すぐに電話をかける。 それは、予定よりかなり早めの出産と、天国への旅立ちを告げる2つの命の物語。 複雑な思いと寂しさの中で、手続きの流れを調べてやってメール。励 …

飛行機の時間が迫る中での痛恨のミス。

白熊がデカ過ぎ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly