川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

裏人生を歩むのは、もう止めよう。

投稿日:

後ろ前、裏返しというプロセスを経た今朝のシャツのせいで、機嫌がよろしくない。

「行動経済学によりますと」なんて語る僕はシャツの前後の区別もつかないし、「コトラーさんの考えた標的市場ってのはつまり」なんて説明しようとしたところで、所詮はシャツの裏表の区別もつかない男なのである。ついでに言えば、首のあたりにはバンテリンをたくさん塗っているし、そもそも、お客さんのところでそんな小難しい話はしない。

「ばたさーん」と声のかかるたび、シャツの裏表を指摘されるのではないかと恐ろしい気持ちになる。シャツ一枚に大きな影響を受ける僕のメンタル。兎にも角にも、機嫌がよろしくない。

温かいコーヒーを飲んで、自分を取り戻す。そして、裏表のない接客を心がけようと決めた火曜日のこと。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

カムチャッカの若者への想像と、今を与えてくれたすべての歴史への永遠の敬意と

今、ここにいて、同じ時間のカムチャッカの若者を想像させてくれるのは詩の魅力のひとつなのだけれど、現代詩の比喩は極限の向こう側に行きすぎてしまい、詩壇に住まう人たちにしかわからないものになってしまった。 …

まだまだ陽は高い。

@明石の浦

Zaurusでゲーム。

tkcCrux-J V1、ダウンロードソフト(\945)。 いわゆる『お絵描きロジック』。ザウルスでタップしながら進める小気味よさと言ったら…。 はまりすぎて視力悪くなりそう。ブルーベリーのサプリメン …

朝もやの親父シャツ。

おはよう、ぽにょ。 親父シャツでジョギングするのが肌寒い朝、秋がやってきたよ。良く見ればシャツにはシミまで付いてるんだ。 通りで、「くすっ」とされるわけだよ、ぽにょー。

10枚ためることが漢。

@吉野家

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly