川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

雨は虹の卵だね。

投稿日:

「虹が見たければ、まず、雨の降ることだよ」

傘の花が咲いて、重たきを行く駅前。
この時はまだ、ほとんどの想像にない虹の空でも、ちゃんとちゃんと、それを見据えて口角を上げている人もいるに違いない。

期待にお応えすることの難しさを改めて痛感しながら、雨に打たれる。
水もしたたる僕を目指そう、水曜日。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】乳房は揺れる赤紙の気配して   ばた

子には母がいて、子は自らの意思で戦争を決め、また、自らの意思に左右されないで戦地へと赴く。母はこんなはずではなかった、こんなことなら生むのではなかったと胸を痛めるが、母の手を離れた子供はその温度を忘れ …

no image

「偉そうですね」と「偉いですね」の間にあるもの。

「ほうれんそう」を求めることが上司の仕事だと思っていれば驕りなんじゃないかな。 ほうれんそうをしやすい雰囲気を作ってあげること。強制されるのではなく、自発的に出来るような環境、タイミングを作ってあげる …

プラネタリウムの向こう側。

雨、あがりて、夕日。

no image

会社を守っていくということ、それはメープルエンゼルフレンチ。

労働時間だとか休日だとか。そんな概念はないし、会社を守って食い扶持を稼いでいくためには必死にならなければならない。清濁を併せ呑んで生きていく。飲み会を終えた後、涼しい顔をして「美味しいですよねぇ」とド …

no image

モヤモヤを生きてる、モヤモヤの先を見たくて。

父との思い出の場所であり、生活の礎の場所がなくなっていく。こんなに辛くて悲しいことはないけれども、仕方のないことでもある。起きることは、すべて意味のあること。意味をもたせられるのも、また、人間だからこ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly