川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】コスモスもウロコも母のふところも

投稿日:

 秋桜の揺れる海、鱗雲の泳ぐ空。年末という慌ただしさを迎える前の、ほんのひととき、心を休ませてくれる情景。誰が近づいても、誰が見上げても平等に、もう、季節がここまで進んだことを優しく教えてくれる▼拙ブログに「雨は虹の卵だね」と書いたことに反響があった。雨という目先に憂いを覚えるのも、雨の次を期待するのも、心の構え方ひとつ。万事塞翁が馬、締めくくりに明るい色の来るような、そんなラストスパートを意識していきたい▼twitterやFacebookに、夕暮れの写真が並んだ。皆が同じ空を見上げているのだと、とても嬉しくなった。

コスモスもウロコも母のふところも

月刊ふあうすと 2012/11月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】二日目のカレーも負ける春である   ばた

 動機にもなる、口実にもなる穏やかな季節。メイドインジャパンであることが誇らしくなる時期でもあるが、政局の混乱はどんな風に桜を揺らすのだろう▼毎月のふあうすと誌、毎年の年鑑、そして今年は80周年記念同 …

no image

川柳界の僕の兄貴分である加藤鰹さんが亡くなった。

川柳界の僕の兄貴分である加藤鰹さんが亡くなった。 12月にお会いしたときは、癌が全身に転移しているとは思えないくらいの食欲と笑顔で、僕たちを和ませてくれたのに、年が明けてから病状は一転。「今度は飲みに …

no image

【川柳】まだ海に日の丸を見る父の父   ばた

ほんの思い出話。 海で思い出すこと、海に語りかけること。洋上に咲いた、散った桜に。 どうしてそんな、淋しそうな顔をして。 ===   【掲載】まだ海に日の丸を見る父の父     ふあうすと2007年0 …

no image

【川柳】コロッケの厚みで母は母である   ばた

見覚えのある形へと、変化していく様子。やがてこんがりときつね色。 その温もりは、きっと、どんな家にもあったに違いない。 母は、母で。当たり前の顔をして、白いご飯を僕に添えてくれた。 食卓にある、いつも …

no image

【川柳】癒えるまで何度も空を夕焼けを   ばた

傷は癒えない、見上げ続ける。 浮かべている、今日も。浮かべてしまうだろう、明日も。 沈んでしまうのが怖かった。 僕が、薄れていくようで、怖かった。 ===   【入選】癒えるまで何度も空を夕焼けを   …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly