川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

君を守るためそのために生まれてきたんだ。

投稿日:

無駄と決めつけたら、事態は変わらない。それが誰の目に滑稽でも、守ろうと想う気持ちは奇跡になるね。

…なるよね。

このブログを始めた頃と状況も大きく変わって、お読みいただく方もTwitterやFacebookからの流入が多くなってきました。そういった経路ではなく、RSSに登録してくださっていたり、ブックマークから都度アクセスしてくださっている方はどれくらいいるのでしょうか?

「自分はtwitterやfbから」
「RSSですよ」

などなど。

気ままに会話するつもりで、このメッセージに辿り着いた皆さんの手段を教えていただければ幸いです。
(PCからアクセスされている場合、左隣の「メッセージを送る」からでも届きます)

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

こんな口癖の経営者にはなりたくない・・・ と、決めた日の憂鬱。

組織をどうしていくか、組織として目的を達成していくためにどうするか、という議論をしているとき、同じ経営者でも「創業者」の方と「二代目」の方では、語尾に微妙な違いがある。 二代目の方は、人をつかって「や …

さて風呂へ。

いってきます。

薄暮の優しさを愛でて。

太陽のトゲは抜けていないけれど、耳に突き刺さるセミたちの合唱は少なくなってきた。空にはクジラとヒツジが同居していて、もうそろそろだよとカレンダーを揺らす。 打算や思惑たちの滲み出る夜は、どこか大人であ …

始発と終着。

@西明石駅。 今から行く人も帰る人も。そして僕は、今から修羅場へと(涙)

神戸港。

食事に参りました。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly