川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

君と僕の間にあったもの。

投稿日:

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」というマニュアル通りの過ぎていく言葉だけではなく、たとえばレジでの合計金額が777円だったときに、(あ、7並びですね)(ほんとだ、なんか嬉しいですね)という、そんな目で会話の出来るようなものを僕は接客だと思いたい。

教科書を浮かべるより先に、その瞬間を共有するココロ、育つまで。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

山地獄。

コメントも浮かばぬ暑さと食べ過ぎの苦しさ。

no image

大事なくと祈る。

朝、実家前で母に会う。 愛犬あさろうたのお腹に変な塊があり、これから病院に連れていくとのこと。気付いたのは昨夜。 悪いものでなければいいのだけど。 診断の結果をメールで待つ。祈りながら待つ、今日もそん …

no image

市営バスの運転手と乱闘騒ぎだなんて。

こんにちわ。 本家の方の更新が滞っておりすいません。市営バスの運転手と乱闘騒ぎになって、勾留されているのではないかという噂もあるようですが、事実無根です。ちゃんと和解しましたってば。 22日以降、時間 …

no image

そうだ、労働基準監督署でもブロガー名刺だ。

先週、労働基準監督署からの呼び出しがありました。といっても、悪いことをしたわけではなく、定期的な「お伺い」という奴です。 労務関係の書類一式を用意して、指導を受けた部分を書き直して、明日、再び内容の確 …

no image

今日のおやぢっぽい会話。

「KAT-TUNのメンバーって、知ってる?」 「誰も知らん…   あ、でもキョンキョンの横にいてくれたら亀梨君ならわかると思うよ」 あヽ、三十路。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly