川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

君と僕の間にあったもの。

投稿日:

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」というマニュアル通りの過ぎていく言葉だけではなく、たとえばレジでの合計金額が777円だったときに、(あ、7並びですね)(ほんとだ、なんか嬉しいですね)という、そんな目で会話の出来るようなものを僕は接客だと思いたい。

教科書を浮かべるより先に、その瞬間を共有するココロ、育つまで。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

20代の頃から、ずっとそうでした。

16日、戸籍上の32歳の誕生日にたくさんメッセージをいただきました。ありがとうございました。 見た目の年齢に、どうやら、だいぶ近づいてきた模様です。 もう少し、このまんま踏みとどまるのだぞ。鏡のなかの …

踊り場を抜ける失敗

トラブル対応で京都まで。 アクセルに疲れてしばし休息。渋滞のないままにやって来ることが出来たのが不幸中の幸い。 商売だから利益も大事なんだろうけれど、それはあくまで結果として残るもの。商売だからこそ、 …

今年は、今年も。

尼崎市文芸祭の結果通知。今年は『準佳作』で選んでいただきました。 一昨年は準佳作。去年は佳作。 なかなか上に行けません(汗) でも、地元明石の文芸祭は全然ダメなことを考えれば上出来…ですよね。

肺がんと生きた奥山貴宏さんに貰えるモノ。

奥山貴宏さんは今年の4月に亡くなられた。 肺がんと生きた奥山さん。その特番がNHKで放映されるという。7月23日(土)22時、NHK教育【オレを覚えていてほしい】という番組がそれ。 いかにも奥山さんら …

息抜きプラモデル。

ほんの息抜きのつもりが…。 山陽電車のBトレイン。細かいとこまでしっかり作りこまれていて感動しました。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly