川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

第一着想を捨てると、自分が生まれる。

投稿日:

咲いた花を見て、美しいと思うのもひと。その花が枯れてしまうあはれを想うのも、また、ひと。一方で、咲き方の不自然を訝しむのもひとである。そしてそれは、自分の耳にいれたくない類の話。思う自由までは咎めないけれど、同調を求められると苦しくなる。反論もしんどくて作る距離。それでも不思議、背けていても、また違う誰かが浸潤してくる。いくつかの確率論を経て、人間付き合いの好き嫌いが出来ていく。そのさきに、僕が出来ていく。

狭い路地で、立ったまま画板を抱える女性に出会った。
聞くと、その路地の狭さと、先にある広がる町と海の情景を描きたいのだという。なるほど面白い。川柳の世界でも「見つけ(着想)」が8割だといわれる。つまり、同じ対象を捉えたときにはもう、その発想は他の誰かが思いつく(あるいは過去に存在した)と決めて捨てる。そこに自分が生まれる。絵画の世界でも同じだということを教えてもらって、僕はしばらくその背中から、この光景をどんな言葉で表現しようかと指を折って過ごした。

押しつけられない程度の、ひと、それぞれの価値観に触れる。
そして僕は、僕なりを伝えたくなった。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

語る用原稿。

こんな原稿も出てきました。 『語れ』と言われた時用です。アドリブで、どんな話でも致します。

no image

重ね着をしてきたこれまでを、脱いでしまわないように。

咳と鼻水の一日。 ただ、ずっと続いていた胃のむかつきや、身体の重たさからは解放された。インフルエンザと風邪のメドレーも、ようやく終焉の時がやってきたらしい。 早起きして、実家の犬たちに遊んで貰って気持 …

人の集まる場所で、エネルギーをもらいに。

明け方4時半まで電話してくる人は誰だ(笑) こういうノリは嫌いじゃないです、熱くて楽しい。同じような視点で物事を見ているんだなぁ、と、わかると、人間って、深く繋がることができますね。 お疲れ様でした。 …

音楽で食っていく夢は叶わなかったけれど、伝えるチカラの根っこにはやっぱり

ライブを終えた。楽しかった。演奏を終えてすぐ、他のバンドの方が握手を求めてきてくれた。「あのピアノの演奏の意図はこういうことですよね?」と質問してきてくれた。そういうところまで感じてくれる人がいて、あ …

ここにも春。

可愛いですねぇ、幼稚園児が作ったんだそうです@板宿駅。 今から税理士さんと今後のお話など。薬の飲み過ぎで頭ぼーっとしております。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly