川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

第一着想を捨てると、自分が生まれる。

投稿日:

咲いた花を見て、美しいと思うのもひと。その花が枯れてしまうあはれを想うのも、また、ひと。一方で、咲き方の不自然を訝しむのもひとである。そしてそれは、自分の耳にいれたくない類の話。思う自由までは咎めないけれど、同調を求められると苦しくなる。反論もしんどくて作る距離。それでも不思議、背けていても、また違う誰かが浸潤してくる。いくつかの確率論を経て、人間付き合いの好き嫌いが出来ていく。そのさきに、僕が出来ていく。

狭い路地で、立ったまま画板を抱える女性に出会った。
聞くと、その路地の狭さと、先にある広がる町と海の情景を描きたいのだという。なるほど面白い。川柳の世界でも「見つけ(着想)」が8割だといわれる。つまり、同じ対象を捉えたときにはもう、その発想は他の誰かが思いつく(あるいは過去に存在した)と決めて捨てる。そこに自分が生まれる。絵画の世界でも同じだということを教えてもらって、僕はしばらくその背中から、この光景をどんな言葉で表現しようかと指を折って過ごした。

押しつけられない程度の、ひと、それぞれの価値観に触れる。
そして僕は、僕なりを伝えたくなった。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

個人情報防衛策。

我が家に存在するオカマちゃん。

no image

小指のないおにーさんたちがぞろぞろ。

先日うちの事務所を訪れてくれた方の会社へ。 おぉ、いかにもヤクザな車がたくさん。そして、事務所周辺には小指のないおにーさんたちがぞろぞろ。 いやぁ、笑った笑った。 「絶対有力な会社ですから、一度訪問し …

マイスヌーピーコレクション

@三宮 大阪よりはやっぱり神戸が落ち着きます。

no image

本を読んで柔らかくなる人、本にもたれて固くなってしまう人。

「育てる」という言葉は、自分に驕りが見えるようで出来るだけ使わないことにしている。 人は元来、育つもの。育つためのきっかけやヒントをタイミング良く与えてあげることが、リーダーの仕事。リーダーは、リーダ …

no image

誕生日のあとに残る余韻。

帰宅。 明石に帰ってきてすぐ、祖母の敬老の日会&父親の誕生会(14日)に呼ばれました。 途中で、デジカメを買って、それをプレゼントに持っていきました。 ・・・だーれも、オイラの誕生日を覚えちゃいない( …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly