川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

選んでくださる人たちの気持ち、そこからの逆算でありたい。

投稿日:

地域に貢献するのが企業の役割の一つであるということは共感する。ただ、その地域イベントや地域の冠を背負った企画が、関わる人たちの商売と関係が近接していればいるほど「それって結局、自分たちの商売のためでしょう?」という反論を許しているような気もする。先に成すべきはお客様への直接的な還元で、一緒に働いてくれているメンバーへの適切な評価還元であるというのが持論。故に、否定はしないけれど、積極的でもないというスタンス。企業名で行うくらいであれば、個人で行えば良いと考えている。

「安売りは良くない」という考え方は正しい。ただしそれは、経営者同士の内輪で使われるべき見解かも。教科書として正しくても、商売人としてお客様に向けるべき姿勢は「いいものを、より安く」という精神であることは言うまでもない。適正な利潤という言葉は、内に対しても外に対してもバランス良く使われるべき。「内」を見過ぎて、お客様の心から遠くなることは商売人として誤り。

地域貢献や安売りについて問われたので、回答した内容から抜粋。備忘録として。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

旅の始まり無人駅。

家の最寄駅。 ほぼ徹夜で朝を迎え、今から東京へ行ってきます。

no image

生前の祖母にもらった数珠を手に ~あっちの世界とこっち側の人間と

祖母の四十九日法要。 小さな骨壺に納まった僕のルーツを眺めながら、この御香や読経はどんな風に届くのだろうと想像をする。この「ギシキ」に意味があるのだとすれば、形式が途絶えてしまういつか未来に「あっちの …

no image

お客さまに頑張り過ぎたいほどの気持ちで。

嬉しかったこと。 月にウン十万というお金をコンサルに支払っているある会社さんが2社、それぞれどちらも、自分の持っていく企画や業務改善のやり方を実践して下さって、効果が出ていて、秋からは、コンサルとの契 …

アラレちゃんを。

添えたくなるような。

読破、そして次なる読書。

半落ち(横山秀夫)。 狂ったように本を読んでいます。入り込めると、その時間は辛いことを考えないので済むのがいい。 何か生きるヒントを得られるでしょうか。 そうでありたいな。 さて、まだ帰りたくない今夜 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly