川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

無念の夜を残しておく。

投稿日:

あまりに理不尽で眠れない夜に、感情の欠片を残しておく。

論理の崩壊に対して自分が大切にしたいと思ったのは、やっぱり商売人の仁義だ。ビジネスというカタカナが先に立ちやすい世の中で、僕の矜恃は古臭いのかもしれず、他には押し付けず寛容でいるけれど。あくまでも自分の考え方、構え方、動き方。

書いて落ち着かせようとしている。何か誰かを悪く捉えるよりも、自分が引き起こしたことなのだと決めて、書いて感情を封印する。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

経営勉強会。

熱いお話、勉強になりました。

春に覆われて。

薄紅の下にはぴかぴかの制服たち。

明石小学校。

夏休みの静寂、我が母校。

no image

ふわっと

「西端さんのあんな感じの文章でお願いしたいんですよ」 「どんな感じ?」 「そうですね、ふわっとした感じの」 「ぐわっと?」 「いえ、ふわっと」 「しゅわっと?」 「ちゃんと考えてくれてます?」 「だか …

やられたー。

罰金は仕方ないとして、ゴールド免許は死守の方向で。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly