川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

柿本神社の八房梅 ~開花するのに必要な寒さ体験

投稿日:2014年2月16日 更新日:

取材や撮影、書く仕事のときに助手の方がいたら助かるのになぁと思う場面がある。「没頭する環境を作っていきたいんですよね」とベテランライターさんに話すと「そう思う時期もあったけど、そう思う時期に強くなれた」という答え。嗚呼、僕はまだ弱い。ギャフン。

コンデジのPowerShot S120をジョギングや散歩のときに連れていく。スナップ程度はiPhoneで撮影すればいいと思っていても、撮るための道具をわざわざ持ち出すと意識は変わる。カタチから入ることに色々な意見もあるだろうが、それに重きを置く人のことは嫌いじゃない。

柿本神社の八房梅。

柿本神社の八房梅

梅や桜の開花には「寒さ体験」が必要で、春に満ちた色が咲くということは、幾度かの厳しさを乗り越えてきたことを意味する。のぼりつめた瞬間にだけ憧れていても、決して同じ色になることはできない。オリンピックにしてもそう、花にしてもそう。夢と目標が決まったら、越えていくものへの覚悟も必要なのだと思い知らされる。

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

恋ごころが女の人生を変える。

時実新子著。 読書の秋の始まりに手にしたわりには、 主体となり、客体として、考えさせられる記述が多いです。 きっと男とて。

no image

書くということは自分の気持ちとの対峙

「書きためている文章だから『そのときのテンション』はすでにもう『こっちのテンション』になっていることが多いんだ」 「でも『こっち』だと思って読んでいたら『あっち』っていうこともあるよね?」 「ある」 …

お好み焼きのぶちゃん。

学生の頃アルバイトしていたお店です。明石は太寺、トーホーの隣にあります。 かりっと焼いてくれるので、おいしいですよ。是非足運んでみてください、オススメです。 お好み焼きのぶちゃん兵庫県明石市太寺大野町 …

雨に濡れる歩道橋。

@朝霧駅前。 雨がひどいので車で出勤中。

no image

小さな小さな小さな存在であるひとりは、旗を振って感謝を繰り返すことで生きていられる

「こんなことを事業展開していきたい」「あんな風になってみたい」という想いを言葉にすると、不思議とそれに関係する話が舞い込んでくるようになる。 【表現者(書く自分)としての露出機会を増やしたい】【表現者 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly