川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

柿本神社の八房梅 ~開花するのに必要な寒さ体験

投稿日:2014年2月16日 更新日:

取材や撮影、書く仕事のときに助手の方がいたら助かるのになぁと思う場面がある。「没頭する環境を作っていきたいんですよね」とベテランライターさんに話すと「そう思う時期もあったけど、そう思う時期に強くなれた」という答え。嗚呼、僕はまだ弱い。ギャフン。

コンデジのPowerShot S120をジョギングや散歩のときに連れていく。スナップ程度はiPhoneで撮影すればいいと思っていても、撮るための道具をわざわざ持ち出すと意識は変わる。カタチから入ることに色々な意見もあるだろうが、それに重きを置く人のことは嫌いじゃない。

柿本神社の八房梅。

柿本神社の八房梅

梅や桜の開花には「寒さ体験」が必要で、春に満ちた色が咲くということは、幾度かの厳しさを乗り越えてきたことを意味する。のぼりつめた瞬間にだけ憧れていても、決して同じ色になることはできない。オリンピックにしてもそう、花にしてもそう。夢と目標が決まったら、越えていくものへの覚悟も必要なのだと思い知らされる。

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

no image

手術室に持ち込んだ楽器は僕の。

高校時代、吹奏楽部。 口の中を手術したことがありました。  マウスピースという楽器の一部を握りしめながら、必ず楽器が元通り吹けるようになりますようにと、祈りながら。 あの頃の僕は、ただ、部活動が楽しく …

no image

支えてもらって、一人ではない自分であるということを。

散髪をして髪を切り揃えると、ところどころに白いものが目立つことがあります。 昔からそう。 抱え込むものが多くなると、髪の毛は忠実にご主人様の心に反応し、シグナルを示し始めます。  (心を養生してあげな …

入浴剤続々。

ほくほくライフが送れそう。ありがとうございます☆

心に元気を足す時間。

好きな音楽たちの映像を眺めたり。お気に入りの詩集を思うまんまに開いてみたり。 一日に、必ず一度は意識して作る時間。 満たされて今度は、さらにいいものを創り出せますように。

no image

大人たちの会議、青春たちの合奏

同友会の会議は、三宮を中心とした神戸市内で行われることが多い。所属している委員会では、一年に一度だけ尼崎で会議を行うことになっているのだけれど、去年はそれが、会場の都合で流れてしまっていたのだった。今 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly