川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

傲慢になった自分をリセットする方法

投稿日:

朝4時半に起きて、6時から同友会の会議、夜も同友会の別の会議があった。くた。

日中は銀行3つとハローワーク、そして労働基準監督署に自転車で。経営者の方々とのお付き合いが多くなると、時々、傲慢になった自分を感じてしまうことがある。それをリセットするためには、諸々の用事を自転車で済まして回るのが一番だ(と思っている)。謙虚と倹約。「おかげさま」で生きている。

注文していた今日の放課後、短歌部へ!(千葉聡)が届く。もっとも、積ん読になっている本が多いので、読むのは当分先になりそう。川柳と俳句、そして短歌に関する本は同時に読んで、「詠みたい」という気持ちを高めていくことにしている。背中に追い風の来る方法、だからとても重たい僕のカバン。

自転車で神戸をぐるぐる、汗ばむ陽気。今年の夏はビアガーデンに行ってみたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

松山千春ー♪

『現実』『再生』二枚買いっ!

no image

咲かされる花なんてないよ。

期待だけを先行させて、それを埋められないのはやっぱり自分の責任。選ばれる価値を表現していくことは出来ても、選ばれ続けていくための成果を示すことが出来ていない。仕事と作業の違い。何度も何度も何度も話をし …

no image

持つ者を羨み、持たない自分を僻み

持っていない僕は、持っている人を羨む。冗談の顔をしてその話題をすり抜けていくけれど、本音では聞きたくないと思っている。 僕がそうなのだから、同じように、されて嫌な人だっているだろう。自分がされたら嫌だ …

no image

仕事の出来る喜びを感じながら。

腱鞘炎は、手首にサポーターをつけて過ごすとかなり軽減される。 大袈裟だとか、痛々しいとその都度言われるのも鬱陶しくて最近はしていなかったけれど、仕事に支障が出てもいけないので、常用することにした。手首 …

no image

「偉そうですね」と「偉いですね」の間にあるもの。

「ほうれんそう」を求めることが上司の仕事だと思っていれば驕りなんじゃないかな。 ほうれんそうをしやすい雰囲気を作ってあげること。強制されるのではなく、自発的に出来るような環境、タイミングを作ってあげる …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly