川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]助手席のクーラーからは八月の土のにおいが漏れて 遠雷/山崎聡子

投稿日:

助手席のクーラーからは八月の土のにおいが漏れて 遠雷
山崎聡子(twitter)
手のひらの花火

歌人の穂村弘さんは、この歌をとりあげて次のように評している。

「クーラー」「土のにおい」「遠雷」は、それぞれ触覚、嗅覚、聴覚に対応している。視覚以外のいわばマイナーな感覚が連動することによって臨場感を生み出しているのだろう。

短歌や川柳の面白いところは、限られた字数のなかで、写真や映像以上に生々しい想像を与えてくれることにある。

蝉の声を掻き消していく雨の音、雨の音を吸い込んでいく土。遠くに光る雷の音は、ここまでは響いてはこない。クーラーは微風、風に乗るにおいがアスファルトでないということは、ふたりは雨が降り出す前から、土に車を停めて何かを話していた。川原だろうか公園だろうか。会話は広がりを見せたのか、それとも、音のないままに光る雷が、ふたりの関係を暗示しているのだろうか。車を打ち付ける激しい雨の音があるはずなのに静寂を感じるのは、漏れてくる土のにおいだけが存在感を示しているからだろう。

安心に包まれた空間であると想像することも、緊張の走る間合いであると想像することも、読み手の自由。それが短詩文芸ならではの楽しみ方。

8月の雨はエネルギーが飽和した瞬間に溢れ出す、だから嫌いじゃない。夕暮れに汗とため息を洗って、もう少し頑張れという顔をして軒下から街中に連れ戻してくれる。暑がりなアスファルトも優しい服に着替えを終えた。

入れ替わった空気、月にバトンが渡るまで。何百回と横顔を眺めたような気もする、でもあるいは、ほんの数回のことだったのかもしれない。この時期のことは何度も詩に描いてきたけれど、波や汽笛やテトラポッドの感触を覚えているだけで、永遠の約束は言葉にもならない。薄い誓いを繰り返してばかりだったのか、それとも、淡い自分の傷付きやすさを知っているからなのか。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない/法橋ひらく

フェイクファー風を含んで湿りだす守りたいのは正しさじゃない 法橋ひらく それはとても速くて永い (新鋭短歌シリーズ) べき論をそれっぽい顔をして頷いて聞いている。生きていくっていうことを最優先に考えた …

[短歌鑑賞]多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた/中畑智江

多すぎる言葉を払い落したらきれいな空が広がっていた 中畑智江 同じ白さで雪は降りくる (新鋭短歌シリーズ15) 「愚痴なら聞くよ」「ほんと?」 ところが不幸話には、お互いの不幸が重なり始めてしまう。「 …

no image

[短歌鑑賞]たっぷりと春を含んだ日溜まりであなたの夢と少し繋がる/笹井宏之

たっぷりと春を含んだ日溜まりであなたの夢と少し繋がる 笹井宏之 えーえんとくちから 理論は統計で、統計は感情や思惑の積み上げに過ぎない。だから結局、直感や感覚と呼ばれるようなもので最短距離を選べる人は …

[短歌鑑賞]夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている/大森静佳

夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている 大森静佳(twitter) 歌集 てのひらを燃やす (塔21世紀叢書) 第39回現代歌人集会賞、第20回日本歌人クラブ新人賞、第58回現代歌人協会 …

no image

[短歌鑑賞]降りだせる雨に気づけるきみを見て恋の終わりを予感しており/小島なお

降りだせる雨に気づけるきみを見て恋の終わりを予感しており 小島なお サリンジャーは死んでしまった クロージングやデート。 自分の話にだけ集中させるときは、自分が壁側の席に座って、相手には自分と壁だけが …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly